トップニュース

Japan Photo Journal:白いそばの花が伝統建築を披露しています。

政府が伝統的建造物群保存地区に指定された京都府南丹市の行く寿の里丸屋にそばの花がピークをなしている。 花は9月末までに万する予定である。 市民は、2002年頃から休耕地を利用してそばの花を栽培している。 白い花は古い丸屋など周辺の景観とたむろ訪問者が楽しむことができ、選択した。 京都加味教区で友達と一緒に訪問した大学生2年生伊藤真由子。 「白い風景に感動しました。そばを食べたいときに戻って来てほしい。」

(日本ソース:山崎一樹、大阪写真部)

READ  中国、日本の首相候補に介在しないように指示

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close