Japan Smaller Capitalization Fund, Inc.から変更を発表

Estimated read time 1 min read

ニューヨーク、2024年5月22日(GLOBE NEWSWIRE)発表しました。 Nomura Asset Management Co., Ltd.(「NAM-Tokyo」)の田中宏明(Hiroaki Tanaka)は、2024年4月30日からNAM-Tokyoの伊藤誠(Makoto Ito)に代わってファンドの副ポートフォリオマネージャーに任命されました。 NAM-Tokyoの片山敦氏は、引き続きファンドの副ポートフォリオマネージャーとして勤務します。 ファンドのシニアポートフォリオマネージャーとイト氏は、引き続きファンドのポートフォリオ管理チームを務めることになります。

田中氏は2008年からNAM-Tokyoでポートフォリオマネージャーとして勤務し、NAM-Tokyoの日本小型株会員です。 種目選定委員会。 彼は日本の小型株と成長株の投資分野で21年以上の投資管理経験を持っており、これらの経験はファンドの全ポートフォリオ管理チームを向上させることが期待されています。 変更により、ファンドの投資目的は変更されません。

このファンドは、主に日本の小規模資本会社の証券に投資し、長期的な資本利益を追求する投資家のために設計されています。 NAM-USAはニューヨークに本社を置いており、管理資産の面で日本最大の投資諮問会社のひとつであり、ファンドの投資諮問として役立つNAM-Tokyoの子会社です。

連絡する:
マリア・プリモール
1-800-833-0018
[email protected]

READ  日本のミッドフィルダーエンドワタルがシュトゥットガルトをブンデスリーガ降格圏から追い出した。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours