[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] サーファーコーナーオリオリー(Connor O'Leary)、パリオリンピックに日本代表として出場目標

Estimated read time 1 min read

SportsLookで完全な内容を読む – [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] サーファーコーナーオリオリー(Connor O'Leary)、パリオリンピックに日本代表として出場目標

国際オリンピック委員会(IOC)がサーファーの国籍変更を承認した。 コーナーオリオリ 支持プレスが11月29日木曜日にオーストラリアから日本に報道しました。

このプロセスは数ヶ月間行われました。

すでにグローバルサーフィンコミュニティは、今後の大会で母の唐沢明美(Akemi Karasawa)が生まれた土地を代表しようとするO'Learyの熱望を知っていました。

2023年8月、World Surf LeagueはO'Learyを発表しました。 日本人参加者として競争することになります。 2024 WSLチャンピオンシップツアー。

WSL発表の一環として、O'Learyは変化への熱望を説明しました。

オリオリは自身のインスタグラムを通じて「多くの悩みと悩みの末に日本を選択することになった」と明らかにした。 「私は私の家族の遺産と私の文化的背景を代表することにしました」

しかし、WSLレポートによると、彼はサーフィン服に日本の国旗とオーストラリアの国旗を着用し続けると述べています。

30歳のオリエリー(O'Leary)は、2017年のワールドサーフリーグ(World Surf League)今年の新人賞を受賞しました。

彼の母親は日本のプロサーフィンチャンピオンだった。

2023年6月日本サーフィン協会はオリオリ 国籍の変更を申請した 日本人に。 日本サーフィン連盟が発表する当時、オリオリは世界12位の男性サーファーだった。

コーナーオリオリ
2021年10月、プロサーファーコーナーのオリジナル(Connor O'Leary)がファイルの写真に表示されます。 (ワールドサーフィンリーグ)

コーナーオリオリー、2024年オリンピック代表チーム合流目標

国籍変更でオリオリは2024年パリオリンピックに出場する日本代表チーム進出を目標にする予定だ。 サーフィン大会は地球の反対側にあるタヒチで開催されます。

「オーストラリアに進出できるのもいいことだが、自分のキャリアを考えると [representing Japan is] 私の視野を広げるのは本当に良い方法です」 2023年8月特集

O'Learyはまた、青少年と野心的なサーファーの役割モデルになることを望みます。

オリオリはSBS日本語とのインタビューで「日本には若い人材がたくさん出ているが、今はカノア(伊良市、現世界ランキング14位)しかないので彼らが尊敬するサーファーになりたい」と話した。

野球、サッカー、バスケットボールなどに関するニュース項目を含む記事全体をSportsLookで読み続けます。

広告

関連:

著者:エド・オデブン

エドを探す ジャパンフォワードの専用ウェブサイト、 スポーツルック 彼のフォロー [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日はX(以前はTwitter) @ed_odeven

READ  ユダルビッシュ復帰、準備に対する「懸念」を認める
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours