スポーツ

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 大谷翔平、2年連続メジャーリーグオールスター選定

ファンが一番好きな大谷翔平が2年連続アメリカンリーグオールスターラインナップに戻ってきました。

2次投票でファンは来る7月19日ロサンゼルスドジャースタジアムで開かれる2023メジャーリーグオールスター戦のAL指名打者として大谷を挙げた。

ヒューストン・アストロスのスラッガー・ヨルダン・アルバレスを数千票の差で追いかけた。 しかし、7月8日金曜日に発表されたMLB数値によると、2次投票で大谷は52%の得票率を記録しました。

過去5回の選抜登板で勝利して自身の記録を8勝4敗に上げた大谷は7月10日日曜日投手と予備名簿が発表される時にAL投手陣に任命されると予想されます。

打者として、現AL MVPは金曜日まで19本のホームラン、15本の2塁打、54本の打点を記録しています。 彼は0.262の打率と10の盗塁を持っています。

強い投げ右利きはマウンドで14の選抜と81のイニングを記録しました。 三振110個、ボルネット20個を記録中だ。

デンバークアーズフィールドで開かれた2021年オールスターゲームで、大谷はALの先頭打者と選抜投手として活躍して歴史を書いた。

大谷は引退した松井秀樹(2003-04)と鈴木一郎(2001-10)に続き、MLBオールスターゲーム連続出場に選ばれた3番目の日本選手だ。

彼は水曜日にマイアミ・マリンズを5-2で破ったエイジェルスの双方向技術を皆に思い出させた。 印象的な7イニング以上の間、大谷はマリンズを最初のイニングで1失点、無失点に制限し、10人の打者を三振とし、3試合連続三振で2桁に達しました。

彼はまた、左側に2つの失点と1つの失点を追加して5回のチームをリードし、LAロードゲームで彼の大義を助けました。

カブスの鈴木、負傷者リストにしばらくいるが劇的な復帰

シカゴカブス外野手の杉樹綾子は、39日間のコロンの後、チームラインナップに復帰するために連続試合でホームランを打ちました。

指の捻挫で結装した鈴木は7月4日月曜日、ミルウォーキー・ブルワーズの救援投手ジョシュ・ヘイダーを相手に9回にインダーパークホームランを飛ばした。 鈴木の左の強打ボールは外野壁を抜け出した。 彼はすぐに盗塁の周りを突進し、彼のヘッドファーストスライドはキャッチャーPedro Severinoが彼をタグアウトしようとする試みよりも速かった。

これで2-2になった。 カブスは10回に5-2で敗れた。

広島カーフで9シーズンをプレーし、オフシーズンでカブスに参加した鈴木は、ラインナップに復帰することを切望しました。

刑務所通信によると、鈴木は自分が結長した時間に言及し、「私はますますイライラしている」と話した。 「久しぶりにメジャーリーグの試合だったので今日は面白いと自らに言いました。」

7月5日火曜日、鈴木は再びホームランを打った。 彼は5回に1アウトでジェイソン・アレクサンダーに2点シュートを飛ばし、カブスがブルワーズを8-3に倒すのを助けた。

彼は2つのヒットを得点してから1日で火曜日に3つの打点で2打数5打を記録しました。

Suzukiは7月8日金曜日まで6つの溝と26の打点で打率0.250を記録しました。

他のMLBニュースで、トロントブルージェイスの選抜投手菊池由生が首の負傷で15日間の負傷者リストに上がったと、ALクラブが7月7日木曜日に明らかにした。

菊池は今シーズン16試合で3勝5敗の平均自責点5.12を記録中だ。

佐々木、史上初のオールスター選定

千葉ロッテマリンズのハラー佐々木ロッキーがNPBオールスターシリーズのパシフィックリーグ投手の中で得票率1位だと7月6日水曜日に発表された。

佐々木(6勝1敗、平均自責店1.48)は304,334票を受けて初めてオールスターに選ばれた。 4月10日パーフェクトゲームを投げた岩手県出身は2021年プロデビューした。

「事実かもしれないと思います。 ファンに感謝の気持ちを伝えたい」と佐々木が刑務所通信に伝えた。

7月8日(金)までホームラン(26個)と打点(53個)でPL先頭を走っている西武ライオンズ1塁手山川穂高(461,740)が総合得票数1位を記録した。

Tokyo Yakult Swallows 3塁手Munetaka Murakamiは400,097票で、すべてのセントラルリーグ選手を率いた。 村上はホームラン(29個)と打点(75個)で1位だ。

オールスターシリーズはそれぞれ7月26日と27日、愛媛県松山市にある福岡フェイペイドームとボッチャンスタジアムで行われる。

関連:

2023年ワールドベースボールクラシック日程公開

2回優勝した侍ジャパンは2023年ワールドベースボールクラシックB組に割り当てられました。

来年3月9日から13日まで東京ドームで開かれるB組で日本と共に韓国、オーストラリア、中国とTBD予選を行う。

来年WBCは2017年大会が最後に開かれてから4チームが増えた20チームに拡大される。

プールAホストは台湾台中です。 PhoenixはPool Cホスト、MiamiはPool Dホストです。

準決勝と決勝戦は3月19日から21日までマイアミで開かれる予定だ。

6人ずつ2つのプールに属する12のチームのうち4つの予選も競技場を完成する席を確保することになります。 ドイツとパナマはそれぞれ9月末と10月初めに決定される予定だ。

日本は2006年に初めてWBCで優勝し、2009年には再び優勝し、2013年と2017年には3位を占めました。

ラグビー

フランス、後半に日本を抜いて集結

ハーフタイムに15-7で遅れたフランスは7月9日土曜日、東京国立競技場で開かれた国際テスト後半戦で日本を圧倒した。

Les BleusはBrave Blossomsを20-15で勝利し、71分にスクラムハーフBaptiste Couilloudの勝利を果たしました。

以後、記者たちとのインタビューで日本監督のジェイミー・ジョセフは結果を嘆いた。

ジョセフは、刑務所通信とのインタビューで「結果に非常に失望した」と述べた。 「私たちは確かにその試合で勝つ機会が多かった」

マティス・ルベルが9分ぶりに得点で先制ゴールを打ち出した。

山中涼平は前半12分と40分2ゴールを破ってホストを13-7に上った。 チームメイトのイ・スンシンは、前半のBrave Blossomsの最終スコアを説明するために移行に成功しました。

休憩4分でLucuがペナルティキックを成功させ、日本のリードを15-10に絞った。 後半半ば、マティユ・ザリベルが別のペナルティキックを追加して15-13にした。

前述のCouilloudの試みに続き、Jalibertはコンバージョンにさらに2点を追加しました。

同じチームは7月2日、北九州でも対戦しました。 フランスは日本を42-23で勝った。

二人は11月20日、フランスのトゥールーズで勇敢な花の秋ヨーロッパツアーで再会する。

バスケットボール

Alvarkジェットの空席を埋める新しいコーチ

アメリカのベンチボスジョン・パトリックは千葉ゼッツの新しい監督であり、リトアニアのメンターであるダイニウス・アドマティスはアルバク東京の新しいサイドライン監督だ。

両方のB.League川チームは7月上旬に新しいコーチの獲得を発表しました。

54歳のパトリックは16年間のコーチ空白の末に日本に戻ります。 彼は2005-06シーズンにトヨタモーターズアルバークベンチボスであり、クラブをJBLタイトルに導いた。

アルバクを去った後、彼は2006年にバスケットボールブンデスリーガのBGゲッティンゲンを始め、ドイツで3つのプロチームをコーチしました。 元スタンフォード大学ガードだったPatrickは、2013-22年にMHP Riesen Ludwigsburgのコーチを務めました。

Patrickは、チーム発行のニュースで、「Chiba Jetsの選手やスタッフと共に働き、リーグで最も熱心なファンだと聞いた人々の前で私たちのゲームをプレイする機会を期待しています」と述べました。 解放する。

「私たちは攻撃と守備で速いペースとエネルギーでプレイしたいと思います。 個人的にヨーロッパで16年のコーチングを終えて日本に戻ったのは大きな喜びです。」

ダイニウス・アドマティス(ALVARK TOKYO)

48歳のアドマイティスは2017-19年リトアニア代表チーム監督でリオデジャネイロ五輪で代表チームが7位を占めた後、コーチ空席を満たした。

Adomaitisは過去10年間、ポーランドとリトアニアで主にプロチームを指導してきました。 2021年には、イスラエルのバスケットボールプレミアリーグクラブであるハポエルエルサレムの監督としてもしばらく勤務しました。 Alvarkに参加する前に、Adomaitisは昨シーズンのリトアニアリーグでNeptunas Klaipedaを監督しました。

アドマティスは声明を通して「監督に任命されたことを栄光と考える。 「フロントオフィス、選手、スタッフは皆、私たちの目標を達成するために努力し、この挑戦​​が成功するように最善を尽くします。」

大学トーナメント8月デビュー

全日本大学バスケットボール連盟(JUBF)は8月9日から11日まで東京で第1回世界大学バスケットボールシリーズを開催する。

JUBFとベンチャーのプロモーション側面に参加するRakuten Group、Inc.は、6月30日にSun Chlorellaが提供したイベントについて共同発表しました。

東京を拠点とする東海大学、ペリタ原版大学(インドネシア)、アテネオ・ド・マニラ大学(フィリピン)、国立清治大学(台湾)が国立代々木第2体育館で開かれる招待専用男子フープショーケースに出演する予定です。

林直樹 JUBF会長兼世界大学バスケットボールシリーズ組織委員会会長は「新しい世界大学バスケットボールシリーズを発表することを嬉しく思う」と話した。 「この国際トーナメントのために、日本を含むアジア全域の4つの最高の大学をここで東京に招待しました。

「WUBSを通じて大学のバスケットボールが成長し続け、各国と地域でより大きな高さに達し、参加者の間に深く長く続く多くの友情が形成されることを願っています。 バスケットボール界全域のファンがスタジアムに来てチームを応援してほしい」と話した。

チケット情報はトーナメントに掲載されます。 ウェブサイト

サッカー

サムライブルーキャプテン吉田シャルケに移籍

ベテランディフェンダー・ヨシダ・マヤがイタリア・セリエAクラブ・サンプドリアを離れてシャーケに移籍したとドイツ・ブンデスリーガが火曜日に明らかにした。

無料移籍条件により、33歳の吉田の契約は2023年6月までです。 チームには契約をさらに1年間延長するオプションがあります。

2018年日本代表チームの主張となった吉田は2020-22シーズン、サンプドリアに入団した。

シャルケの監督であるフランク・クレーマー(Frank Kramer)は、声明を通じて「マヤは後ろで私たちのゲームを組織するリーダーだ。 「彼の落ち着いたプレイスタイルは、試合を通して私たちに安定感を与えます」

Yoshidaは日本の国家代表で119試合を行いました。

著者:エド・オデブン

JAPAN ForwardのEdフォロー [Japan Sports Notebook] ここ 日曜日に [Odds and Evens] ここ 平日とツイッター @ed_odevenそして彼を見つけなさい JAPAN Forwardのスポーツ専用ウェブサイトから スポーツルック

READ  Yuzuru Hanyu planes to compete in Beijing

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close