[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 宇都宮ブレックスはチームファーストプレイで繁栄しています。

Estimated read time 1 min read

全体の内容を読んでください。 スポーツルック – [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 宇都宮ブレックスはチームファーストプレイで繁栄しています。

タイトルを狙う宇都宮ブレックスの場合、1月21日から4月10日まで21連勝を収め、B.リーグチームの才能と深さを鮮やかに照らしました。

4月10日水曜日、訪問中のGunma Crane Thundersに対して89-77で勝利したチームの21連勝で、5人のBrex選手が2桁の得点を記録しました。 ベテランガード 渡辺 ひろのり3点シュート8個のうち5個を成功させたのはシーズン最多の19得点で得点王に上がった。

ブレックスの壮大な連勝行進は4月13日土曜日、北海道県スポーツセンターで開かれたレバンが北海道(16-36)に79-71で敗れて終わりました。

宇都宮(44勝8敗)は60試合シーズン中に3分の1以上連続勝利を収めた。 この驚くべき成果は、1月20日に沖縄アリーナで現在のチャンピオンである琉球ゴールデンキングスに68から66で敗れてから1日で始まりました。 彼らは74-68の逆転戦でその敗北を取り除いた。

ほぼ3ヶ月が過ぎた後、ブレックスのノリオ社史監督が率いるチームは2022-23シーズンに千葉ゼッツが立てたB.リーグ1部リーグ連続勝利記録(24勝)にほぼ近接しました。

ブレックスが札幌で行われたレバンガとのシリーズ開幕戦で敗北した後、サッサは最終結果に失望感を表明した。

しかし、ササは記者たちに「連勝は選手たちがこれまで一生懸命努力したことだ」とし「個人的に今回の試合を通じて反省する点が多く、一つのチームで戦いたい」と話した。

土曜日、北海道は1クォーターと4クォーターで宇都宮を45-33で勝ちました。

Brexは日曜日の同じ場所でLevangaとの週末シリーズを終える予定でした。

広告


石川観光客バナー
宇都宮ブレックス
宇都宮ブレックスガード・イカルがセージがBリーグチームの21連勝中4月10日に3点シュートを成功させている。 (B.リーグ)

石川観光客バナー

バランスのとれた攻撃は宇都宮ブレックスをもたらす。

Brexの21試合の無敗の行進を振り返ると、チームの多様化した攻撃を示す印象的な詳細が1つあります。 6人の他の選手が連勝中、少なくとも1回は得点でチームを率いた。

米国出身のベテランガードDJニュービル(DJ Newbill)が9回得点王を占め、その後に続いた。 アイザックポツ (4回)、グラントジェレット(3回)、平島誠と荒谷宏秀(2回)、渡辺(1回)。

興味深いことに、この連続行進中に3試合連続でクラブの得点をリードする選手はいませんでした。 実際に21試合連続3試合連続得点王はニュービルだけが占めた。 彼は2月10日と11日、長崎ベルカを相手にチーム最高得点である28点、19点、23点を記録し、FIBAアジアカップ予選のために2月休みを終え、シーズンが再開された3月2日サンローカス渋谷を相手に試合を繰り広げました。

ブレックスの連続勝利を勝ち取り、最高得点者が立証したように、チームは得点負担を負うために1、2人の選手に頼らない。

その結果、防御が難しくなります。

宇都宮ブレックス
宇都宮攻撃手アイザックポツが4月7日宇都宮ブレックスアリーナで秋田ノーザンハピネツと試合を行っています。 (B.リーグ)

誰もが共有するリバウンドロード

60のゲームのうち52のゲームを含む宇都宮の全体的なバランス(チームワークへの献身として定義されている)は統計で確認できます。 数字は話を教えてくれます。 複数のプレイヤーが効果的に共有する作業であるBrexのリバウンドを考えてみましょう。 Jerrettは1試合あたり6.7リバウンドを記録したチームリーダーであり、Fotu(6.2)、Gavin Edwards(5.3)、Newbill(5.0)、Kosuke Takeuchi(4.3)が続いた。

また、採点負荷は全体的な割り当てとして扱われます。

ニュービルが得点先頭(競技当たり16.9得点)だ。 Hiejima(12.7), Fotu(12.2), Jerrett(10.5)も2桁の平均得点を記録した。 エンドウスケ(Yusuke Endo)が平均8.1点を記録し、エドワーズ(Edwards)が7.8点に続いた。

宇都宮ブレックス
4月7日、ノーザン・ハピネッツのビッグマン・ハビエル・カーターが守備しながらブレックスガードDJニュービルがドリブルしている。 (B.LEAGUE)


G7サミットバナー

B.リーグで最高のチーム

ブレックスは4月13日、試合を通じて35勝以上を収めたBリーグ5チームの1つで、アルバク東京とサンエン・ネオフェニックスが共同2位(42勝10敗)を記録した。 琉球は38勝14敗、7連勝を走っている名古屋ダイヤモンドドルフィンズは35勝17敗だ。

SportsLookで野球、相撲などに関するニュース項目を含む記事全体を読み続けます。

関連:

著者:エド・オデブン

エドを探す ジャパンフォワードの専用ウェブサイト、 スポーツルック 彼のフォロー [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日はX(以前はTwitter) @ed_odeven

広告


石川観光客バナー

READ  ワールドベースボールクラシックで私たちが今まで学んだこと
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours