[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 小田敏人(Tokito Oda)、日本オープンで優勝し、2023年にも印象的な試合を続ける予定

Estimated read time 1 min read

SportsLookで完全な内容を読む – [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 小田敏人(Tokito Oda)、日本オープンで優勝し、2023年にも印象的な試合を続ける予定

世界1位の小田智人(Oda Tokito)は、10月20日金曜日に2023年に車椅子テニスの絶食7番目のタイトルを獲得しました。

17歳の小田が38歳の日本同胞を破った 真田隆有明テニス森林公園で世界8位(6-3、6-3)を記録中だ。

今年も織田は海外ハードコートタイトル(ダンロップ神戸オープン、ケイジュンクラシック)とスイスオープン、フランスオープン(クレイ)、ウィンブルドン(芝)で優勝した。

今年2回のグランドスラムタイトルを獲得したOdaは、UNIQLO車椅子テニスツアーで注目すべき選手であることを証明しました。

織田は準決勝で遅い出発に勝ち、鈴木小平を相手に3-6、6-2、6-1で勝利した。

真田を折った小田は喜んで腕を高く上げて祝い。

小田トキト(KYODO)

織田選手は「今年優勝を迎えてとても嬉しい」と話した。 産経新聞。 彼は2022年に日本オープン男子シングルス決勝で引退した伝説の国田申告に続き準優勝しました。

織田は「試合に本当に満足していた」と付け加えた。

広告


織田トキト(右から3回目)がジャパンオープン男車椅子絶食決勝優勝トロフィーを挙げている。 引退した伝説のクニエダ申告(Singo Kunieda)が一番左にあります。 (刑務所)

織田は次に中国杭州で開かれる障害者アジアゲームに出場する予定だ。 男子車椅子絶食決勝戦は10月27日金曜日に開催され、このトーナメントは2024パリパラリンピック予選として機能します。

小田は記者たちに「パリでの私の位置を確認するために金メダルを取ることができれば嬉しい」と話した。

もちづき、ジャパンオープン準決勝進出

他のテニスニュースでは もちづき心太郎 10月19日木曜日ジャパンオープン男子シングルス3ラウンドで10位アメリカテイラーフィッツ(Taylor Fitz)を6-4、7-6(7-2)に破り、途方もない逆転勝ちを収めました。

もちづきは215位です。

金曜日の準決勝でロシア世界50位のアスラン・カラツェフ(Aslan Karatsev)は有明コロシアムで開かれたもちづきのタイトル野望を6-3、6-4に完破しました。

今回の勝利で、Karatsevは日曜日のタイトル戦で19位のアメリカ人Ben Sheltonと対決するようになりました。

関連:

野球、サッカー、バスケットボールなどに関するニュース項目を含む記事全体をSportsLookで読み続けます。

著者:エド・オデブン

エドを探す ジャパンフォワードの専用ウェブサイト、 スポーツルック 彼のフォロー [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日はX(以前はTwitter) @ed_odeven

広告


READ  スキージャンプワールドカップ、2004年以来初のアメリカ復帰
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours