[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 日本、バレーボールネーションズリーグで6勝2敗記録達成

1 min read

全体の内容を読んでください。 スポーツルック[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 日本、バレーボールネーションズリーグで6勝2敗記録達成

日本は6月8日土曜日、福岡で開かれた2024 FIVB男子バレーボールネーションズリーグでスロベニアを3-1で破り、強力な試合を続けました。

世界4位のフィリップ・ブレイン監督のチームは、世界ランキング6位のスロベニアに対して25-23、19-25、26-24、25-21の決定を下し、トーナメントで6-2に向上しました。

昇る星 西田維持 西日本総合展示場で20キルを含む26得点で日本を上回りました。 ダイナミックな外打者高橋蘭が攻撃15得点を含めて20得点で得点に成功し、主張石川由紀が12得点を報じた。 西田と小野寺大志がブロック(2個)でチーム先頭を共有しました。

土曜日の試合を振り返り、石川は肯定的な側面と否定的な側面を考えてみなければならないと話した。

石川は「難しい試合になると予想していたが、今日はプレーが良くなかったし、チームメンバーが私を助けてくれた」と話した。 スポーツ日本。 」[As the captain]、まだ改善する点が多いです。 それでフィリピンラウンドと決勝戦、オリンピックを通じてさらに発展したい」と話した。

バレーボール
日本のマサトカイは、FIVB男子バレーボールネイションズリーグ戦でスロベニアに対抗する最初のセットを披露しています。 (©サンケイ)

男バレーボールネイションズリーグで日本の成功

九州では、日本が上位圏のバレーボールチームに対して成功した一週間を過ごしました。

日本は6月4日火曜日、世界ランキング17位イランを相手にアジアライバルのイランを25-23、25-22、25-17で勝った。

一日後、日本は10位ドイツと対戦し、闘志と闘志を見せて25-22、22-25、25-27、25-23、15-8で勝利した。 2時間26分間のシーソー対決で、石川と西田がそれぞれ21得点で日本得点王に上がった。 見逃せない点は、高橋と小野寺がそれぞれ16点と15点を獲得したことです。

6月7日金曜日、世界1位のポーランドが日本を25-17、25-15、25-20に勝ちました。

土曜日、日本がスロベニアに反転した後、高橋は一週間熱狂的な支持を送ってくれたファンに感謝の気持ちを伝えました。

高橋は「みんなのエネルギーがすごかったし、今日また優勝できて本当にありがとう」と話した。 スポーツ日本

彼はパリオリンピックを控え、ホームで行われた日本の最終トーナメントの試合に言及し、「オリンピックに対する自信を得た」と付け加えた。

続いて彼は「皆さんの前で勝利で仕上げることになって気持ちが良くて本当に感謝している」と話した。

バレーボール
6月8日スロベニアとの2セット試合で日本のリベロ山本智宏(真ん中)。 (©SANKEI)

バレーボール大会:プレビュー

男子バレーボールネーションスリーグ決勝進出を狙う日本は6月18日から23日まで予選最終ラウンドを行うためにマニラに向かう。 ブレイン選手団の今後の相手は世界ランキング12位カナダ、13位オランダ、世界ランキング7位フランス、3位アメリカです。

フィリピンの結果によって、日本のオリンピック準備はポーランド内で行われる今回の大会決勝戦(6月27~30日)まで延長されることもあります。

パリオリンピック男子バレーボール12チーム代表チームは7月27日から8月11日までサウスパリアリーナで行われる。

2023年、日本は男子バレーボールネーションズリーグで銅メダルを獲得しました。

SportsLookで、テニス、ボクシング、野球などに関するニュース項目を含む記事全体を読み続けます。

関連:

著者:エド・オデブン

エドを探す ジャパンフォワードの専用ウェブサイト、 スポーツルック。 彼のフォロー [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日はX(以前はTwitter) @ed_odeven

READ  メジャーリーグ無契約、バウアー、日本で大歓迎
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours