[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 日本、史上初のバレーボールネーションズリーグ決勝進出

1 min read

SportsLookで完全な内容を読む – [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 日本、史上初のバレーボールネーションズリーグ決勝進出

日本は今大会で現在世界1位のブラジルを相手に重要な瞬間に回復力を発揮し、大きな活躍を繰り広げました。 FIVB 女子バレーボール ネイションズリーグ 準決勝戦は6月22日土曜日バンコクで行われます。

世界7位の真鍋政吉監督が率いるチームは、日曜日の夜、タイ首都で開かれるトーナメント決勝戦に26-24、20-25、25-21、22-25、15-12で力強く勝利して進出権を確保しました。

これで日本は初めて女子バグネーションスリーグ決勝戦に出場することになった。 次の内容:日曜日の夜イタリアとのタイトルマッチ対決です。

日本女子代表チームは2014年FIVBワールドグランプリで銀メダルを獲得した後、主要国際大会で初のメダルを獲得することになった。

日本はどのようにそこまで来たのか?

日本は木曜日8強戦で中国を25-21、25-21、25-22に破り、ブラジルとの次のラウンド進出権を確保した。 主張のサリナ・コガがチーム最高得点である22得点を記録し、外打者の石川真由が21得点を記録して日本をリードした。

バレーボール
日本のアイリミヤベ(中央)がブラジルとのFIVB女子バレーボールネーションズリーグ戦で仲間たちと得点を祝っています。 (バレーボール世界/産経経由)

一日後、 和田幸子ダイナミックな22歳の相手は、ブラジルを相手に20キルを含む21得点を記録し、試合結果に大きな影響を与えました。 コガは18得点、石川は16得点、ミドルブロッカーを記録した。 宮部愛理 ブロック4個を含めて11得点を記録した。

石川は5セットでもキロ勝利を確定した。

ブラジルではガブリエラ・グマラスが攻撃ポイント20個を含めて21得点で得点王に上がった。

コガ船長はブラジルとの衝突を反省して決勝戦を控えている

日本がブラジルを征服する方法を見つけた後、コガの心の中にはどんな気がしましたか?

彼女は「安心した」と言った。 毎日スポーツ。 「一人で集中していましたが、組織化されたチームでやり遂げられました」

コガは「相手を強チームとして尊敬したが、私たちがスパイクを記録して壁を飛び越えて攻撃した」と付け加えた。

驚くべきことに、ベテランバレーボールスターは、決勝戦でイタリアに対戦することについて彼が怒っていると認めた。

「私の考えにはあなたにそのような機会はないと思います。 [to be the best in the world] スポーツ新聞によると、コガは「だから明日の試合を楽しみたい」と話した。

ブラジルで最高のバレーボール選手の視点

日本との激しい準決勝戦の末、ブラジルのミドルブロッカー アナ・カロリーナ・ダ・シルバ 試合がどのように行われたかについてVolleyball World TVに話しました。

「もちろん今は言い難いです。日本との試合はいつも難しいです」 チームの同僚やファンによく「キャロル」と呼ばれるダシルバは、テレビのインタビューで語った。 「彼らは守備をたくさんします。私たちもそうです。しかし、今日は私たちの逆襲があまり良くなかったようです。私たちのサブも同じでした」

日本の勝利の鍵はまた何でしたか?

ダ・シルバはインタビューで「彼らはセットとスパイクに多くのペースを入れたので、正しい位置を見つけるのに少し難しかった」と述べた。 「難しい試合だったし、もう休憩が大切だ。なぜなら、明日はまた別の試合があって再び戦う準備をしなければならないからです。もちろんとても残念です。私たちはトーナメントで勝ちたかったのですが、日本は素晴らしかったです。」

ブラジルは今年大会で13連勝を収め、日本と対戦した。

バレーボール
外打者の石川真由がブラジルを相手に試合を繰り広げている。 (バレーボール世界/産経経由)

改善に集中

日本が中国に勝利した後、Miyabeは経験の重要性とそれがバレーボールネイションズリーグでチームの全体的な目標にどのように一致するかについて議論しました。

Volleyball Worldによると、宮部はバンコクで記者団に「私たちは毎試合に集中しており、トーナメントで勝利を続けてほしい」と語った。 続いて「試合序盤にもっとうまくやることもできたが、試合後半に多くの部分を直して今日は上手だった」と付け加えた。

トーナメント情報

バレーボールネーションスリーグは2018年に初めて開催され、日本女子チームは2021年に初めて準決勝に進出し、アンカラで総合4位を占めた。

歴代トーナメント優勝国:アメリカ(2018、2019、2021)、イタリア(2022)、トルコ(2023)。 2020年には、コロナ19ファンデミックのためにトーナメントが開催されませんでした。

女子バレーボールネーションズリーグの最初の5大会で日本は10位、9位、4位、7位、7位を占めました。

5月14日に始まった2024年のトーナメントには、16の国家代表チームが参加しました。

バレーボール
日本の和田幸子(Wada Yukiko)がブラジルのユリア・ベルグマン(Julia Bergmann)とネットで競争しています。 (バレーボール世界)

バレーボール選手団準備時間

あらゆる面で、オリンピック年度のこのトーナメントは、今後のオリンピックトーナメントを準備しながら、資格のあるチームを持つ選手とチームに幅広いテストを提供します。 女子12チームで構成される試合は7月27日パリで行われます。

世界ランキングが似ているチームとの正面決闘は、コーチがチームの競争力を確認するのに役立ちます。 例えば、6月10日現在女子バグネーションスリーグ準決勝に出場した4チーム全世界ランキング順位はブラジル(2位)、ポーランド(3位)、イタリア(4位)、日本(6位)だ。

SportsLookでバスケットボール、野球などに関するニュース項目を含む記事全体を読み続けます。

関連:

著者:エド・オデブン

エドを探す ジャパンフォワードの専用ウェブサイト、 スポーツルック。 彼のフォロー [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日はX(以前はTwitter) @ed_odeven

READ  インタビュー信任会長吉田正義がJRAのビジョンを提示する
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours