[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 村瀬ココモ、女子スノーボード優秀性の新たな標準提示

Estimated read time 1 min read

SportsLookで完全な内容を読む – [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 村瀬ココモ、女子スノーボード優秀性の新たな標準提示

ティーンスノーボーダー 村瀬ココモ 彼女は完璧を目指し、最も要求の厳しいスキルを試すのが好きであることを見せ続けました。

2023年のワールドカップスノーボードシーズン中、Muraseは彼のプロのイベントに参加する機会が制限されました。 しかし、岐阜県出身の彼は、重力に逆らうスポーツの最大の舞台で光を放つ機会を最大限に活用しました。 彼女は10月にスイスで開催されたシーズン初のビッグエアイベントで優勝しました。 そして彼女は12月15日金曜日に別の勝利を収めました。

コロラド州コーパーマウンテンで開催されたシーズンフィナーレで、Muraseは新しい得点記録(197.00点)を立てました。 国際スキー・スノーボード連盟(FIS)ホームページが発表した公演だった。 新しい基準を立てる 女性ビッグエア参加者のため

どのくらい大きな取引でしたか?

組織のウェブサイトによると、これは「おそらくFISスノーボードビッグエアワールドカップ史上最も意味のある勝利」だったでしょう。

コロラド州での2回目の試合で、ウェブサイトは「村瀬はバックサイドスピンのために並んでいました。はほとんどない) ― 背面トリプルコルク1440ウェドルグラップ。

この非常に難しい技術には、バインディングの間にあるスノーボードの端を手でつかむことが含まれます。 Muraseの場合でも審査委員から膨大な難易度が認められ、それに応じて100点満点で99.75点を受けました。

「私はただ2つの大型エアイベントに参加していたので、授賞式に登ることにしました。 [at the World Cup this season]村瀬は刑務所通信に「両方とも優勝して本当に嬉しい」と話した。

広告


2022年2月14日北京オリンピック女子スノーボードビッグエア予選で活躍中の村瀬ココモ。 (刑務所)

村瀬ココモ:コロラドで歴史を作る

2022年北京オリンピック銅メダリストの村瀬はコロラド大会で幅広い技量を披露しました。

最初の実行では、Muraseの眩しい努力には、フロントスイッチトリプルコルク1260 Indy(これは垂直軸で発生する回転)が含まれました。 その結果、彼女は97.25点の満点を獲得しました。

最後の試合で、Muraseはスイッチフロントサイドトリプルコルク1440 Indyに上がり、「競争で一度も試したことのない連続したトリックを含むスタイリッシュなパフォーマンスでその日の感嘆符を残しました。 」 FISが報告しました。

3点シュートを破った村瀬は197.00点で同胞を控えて勝利を確定した。 深田まり (174.00)、イギリスのミアブルックス(155.75)。

村瀬さんは結果に満足していました。

村瀬氏は京都ニュースで「私とは全く違うシーズンでした。

日本の場合でもオリンピック2回優勝 国竹弘明 男子ビッグエア大会で優勝し、金曜日のワールドカップ大会で初めて優勝した。 国武(Kunitake)は181.25点、2位のオランダのサム・ベルマート(Sam Vermaat)は169.50点を獲得。

関連:

SportsLookで、サッカー、バスケットボールなどに関するニュース項目を含む記事全体を読み続けます。

著者:エド・オデブン

エドを探す ジャパンフォワードの専用ウェブサイト、 スポーツルック 彼のフォロー [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日はX(以前はTwitter) @ed_odeven

広告


READ  今日のスポーツニュース:あなたが知っておくべきこと
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours