Jared Bolton、Steward Baylor Jr.と共に、2023年の日本JNCCの経験を要約します。

1 min read

Baylor、彼のメカニックBlake Plonsky、パパBig Stu、そしてこの記事の著者(GNCC Race Operations Manager、Jared Bolton)と共に、日本への旅行は飛行と経由を含むほぼ20時間の旅行から始まります。 日本に到着するとすぐに、JNCCの職員は日本のモトクロスの伝説である成田明以外に旅行の最初の部分へのガイドとして役立つように手配しました。 。

今年のAAGPは長野にあるJNCC本拠地で1時間もかからない街にあるX-JAM高井富士スキー場で開催されます。 コースは一般的なGNCCイベントよりわずかに短く、JNCCコースディレクターである萩原ハジワラ(Hajime Hagiwara)と彼の乗組員が約50フィート幅のトレイルの両側をリボンで結び、このコースの小さな茂みをすべて取り除くので、若干異なるように構成されています。 地域。 これにより、レーサーは数多くのさまざまなラインを活用して森の中で道を選ぶことができます。

私にとって、今回は3回目のJNCC訪問になり、今回の訪問はより多くの学習経験になります。 ここでの目標は、GNCC訪問者が自給自足できるようにして、今後のJNCCスタッフの負担を軽減するために、これらの訪問の詳細を学ぶことです。 しかも初めてJNCC FUN-GPの朝レースに参加する機会も得ました。 Masamiは、日本最大のKTMディーラーであるBasist Autoが提供するHusqvarna FC350を準備し、BaylorをサポートするKTM Japanの従業員の追加サポートも受けました。

GNCCイベントでバイクに乗ってスイープに乗り、Pro Motocrossでミニバイクを運転するのに多くの時間を費やしましたが、2021年以来レースをしたことがなかったので、いくら言っても少し錆びたでしょう。 私もHuskyのサスペンションをテストするのに十分な時間を費やしておらず、硬すぎてレース全体で苦労しました。 森が茂った区間では日本の選手たちが自分自身を守ることができましたが、開放型スキー場では日本の選手たちがとても速く、かなり乾燥した条件によりレースが進むほどコースがどんどん激しくなり、硬い地形により探索することが困難でした。 保留。 私はいつもレースの最後の部分を最初の部分よりもよく乗り、FUN-Aクラスの約20人のライダーのうち8位で一日を終えることができました。 あらゆる点でかなり気分が良かったです。 朝レースのプレミアクラスで上位10位以内に聞きました。

私の不振な成果を考えると、ここで体重を重ねるのはStuにかかっていました、そして彼はまさにそうしました。 JNCCファンとレーサーの両方は、特に森林区間でスピードと技術に感銘を受けたアメリカのレーサーの熱心な支持者なので、Stuは開幕式で紹介されて多くの歓声を受けました。 JNCCアナウンサー中井重広も同じ「Ten Seconds!」を活用します。 GNCCと呼ばれ、マサミは日本の国旗を持ってレースを始める。 旗が飛んだとき、高山山口は、ベイラーが群れの後ろに最初のターンを回ってホールショットを取った。

競合他社の観点から、GoProのBaylorハイライトをご覧ください。

READ  RelativityOne が日本で開催し、アジアで成長を促進する Relativity
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours