スポーツ

Jasmine Baird、スイスで大きな空気銅メダルにカナダのスノーボーダー1位

スノーボーダーJasmine Bairdは2月の北京オリンピックでカナダの代表としてワールドカップシーズンを開始し、土曜日、スイスクールで開かれた大規模な空中戦で表彰台を仕上げました。

オンタリオ州ジョージタウンから来た22歳の選手は、カナダ全体で3位を占めています。 Alta。のFort McMurrayのBrooke Voigtは女性部門4位、ReginaのMark McMorrisは男部門5位でした。

ベアードは148.75点で銀メダルリストオーストリアのアンナ行っ(Anna Gasser)に過ぎ1.25点リードされた。 日本の村瀬ココモ(Kokomo Murase)は三回のジャンプのうち最初の二つの目のジャンプで合算173.75点を得て、7人のフィニッシャーの1位を占めています。

2019年4月、米国のハロスノーボードインビテーショナル女子チャンピオンジュリア・マリノを辛うじて下したベアードは二番目に大きいエアワールドカップのメダルだった。

時計| ベアード、ビッグエアーシーズン開幕戦で表彰台に上がりました。

Jasmine Baird、カナダの通算2回目のワールドカップBig Airのメダル獲得

オンタリオ州ジョージタウンのJasmime Bairdは土曜日、スイスクールで開かれたワールドカップビッグエアイベントで148.75点を記録して銅メダルを獲得した。 3:35

去る3月、Bairdはコロラド州アスペンで開催された世界選手権大会女子スロープスタイル種目で22位をしました。

スロープスタイル、世界13位のボイトは土曜日96.25点で4位だった。 27歳のこの選手は最初のジャンプで42.75点、第二のジャンプで53.50点を記録した。

Boesigerはホームの観客をスリリング

ボイトは2年前のメジャーリーグ・レッドソックスのホーム球場であるボストンフェンウェイ・パークで行われたワールドカップイベントで突破した後、韓国で行われた2018平昌オリンピック女子ビッグエア17位上がりました。

27歳のMcMorrisは男ビッグエアーの世界チャンピオンだが、土曜日に行われた最初の二つのジャンプで29.25点を合算して、最後の努力で82.00点を獲得するためにかろうじて奮闘しました。

スイスJonas Boesigerは、第二のジャンプで88.75点を含む162.00点でホームの観衆の前で勝利しました。

フィンランドRene Rinnekangas(141.00)とスウェーデンのSven Thorgren(134.00)がポディウムを終えました。

春に自分のビッグエアーワールドタイトルへの途中で179.25点を記録したMcMorrisはスロープスタイルの銅メダリスト2回です。

時計| Aspenの世界でMcMorris金:

Mark McMorris、スノーボードビッグエアの世界タイトル獲得

レジーナ出身のMark McMorrisがスノーボードビッグエアワールドチャンピオンシップで男部門優勝を獲得した。 3:49

クール大会は、2003年にアロサ大会に続いて、スイスで開かれた第二の大型エアワールドカップである。

次のワールドカップは、12月4日、コロラドスチームボートリゾートで開かれます。

ビッグエアミニチュアのイベントの詳細については、以下を確認して下さい。 オリンピックへの道、 すぐに次の カナダホッケーナイト、日曜日の午前1時30分(東部標準時)。

READ  ホンダF1正常 "思っていた以上に、メルセデスの進歩が大きかった」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close