理科

JAXAの科学者たちは小惑星類区高熱ウォンを研究し

東京: 日本の宇宙専門家は、木曜日、太陽系の起源と地球生命体の手がかりを見つけるために天体を変化させた熱源を見つけるために遠い小惑星から取得した土壌サンプルを調査すると発表した。

日本の航空宇宙探査局の科学者たちは、はやぶさ2の宇宙船が12月小惑星竜宮から取得した最小0.1グラムのサンプルよりもはるかに多くの5.4グラム(0.19オンス)の土壌の予備調査を行うと発表した。 地球から3億キロ(1億9千万マイル)以上離れています。

約3g(0.1オンス)の黒顆粒は類区の表面から抽出され、2019年4月はやぶさ2が小惑星に触れた時に収集された。

3ヶ月後、2番目の着陸したときHayabusa2が作成されたクレーターの表面の下で最大約1cm(0.4インチ)に至る約2gのより大きな部分が得られました。

Hayabusa2が送信されたデータの近赤外線分光光度計分析に基づいてJAXAの科学者たちは、小惑星が太陽の熱ではなく、内部の熱源や惑星の衝突により、表面と地下の両方で非常に高い温度にさらされたことを発見した。

JAXAと働いているアイズ大学の惑星科学者であるKohei Kitazatoは彼のチームが小惑星表面と地下の両方で摂氏300度(華氏572度)を超える列の兆候を発見したと言いました。

彼は地下の土壌が太陽だけでは、その温度に達していないと言いながら、数十億年前にはまだ行列の一部であった竜宮は、水を蒸発させる原因になった時、コピーの内部熱や惑星の衝突が竜宮に影響を与えたことを意味します。

ブラウン大学の学者と30以上の他の機関と共同で行われた彼の以前の研究は、先月Nature Astronomyに掲載されました。

JAXAは、来年全体の研究に先立って、小惑星のサンプルの初期調査を続けています。 科学者たちはまた、太陽系の起源と地球の生命体への洞察を提供することを希望しながら可能な有機物質の痕跡を調査することです。

日本の研究に続いて、いくつかのサンプルは、さらなる研究のためにNASAや他の国際宇宙機関と共有されます。

Hayabusa2は地球に向かって飛ぶことができる隕石の可能防御を研究する一方、計画された2024 MMXサンプルを含む今後の日本の宇宙ミッションに使用することができる様々なテストを実行するために、別の小型遠い小惑星の1998KY26の11年探査を続けています。 – 火星の衛星の一つで返さ任務。

READ  編集:6ヶ月後、日本科学委員会に任命拒否の問題はまだリンボ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close