トップニュース

JCG、小笠原諸島のスンチャルソン配置

日本の沿岸警備隊(JCG)は、極南の小笠原諸島のスンチャルソンを配置することを決めました。 このセキュリティ対策は、島の近くの日本領海内外での中国船の違法行為に対応するためのものです。

JCGは180トンスンチャルソン三日月を島に配置することを明らかにしました。

JCGは配置によって島の近くの状況にはるかに迅速に対応することができるものと期待と言いました。 これまでに約1,000km離れた横浜海域にスンチャルソンを派遣しました。

沿岸警備隊はまた、島に駐留する将校の数を3倍に増やし水域監視をさらに強化する計画です。

JCGは2014年に日本領海サンゴ密猟などの島の近くで違法な活動の疑いで中国漁船の船長を含む11人が逮捕された。

沿岸警備隊はまた、島の近くの日本の排他的経済水域での研究活動を行う中国の船舶も目撃されたと付け加えた。

JCGは島の近くにある外国船舶の不法作戦をより厳密に処理することを言いました。

READ  日本の密な西表島を訪問したときの足跡だけを残し糞をお持ちください

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close