技術

JERAが日本で浮遊式海上風力タービンの調査を開始

日本のユーティリティ会社JERAがスタートしました。 海底測量 北海道石狩湾の浮遊式海上風力発電機であるTLP(Tension Leg Platform)を使用して電力を生産できるかテストします。

当社は、以下を含むコンソーシアムの一部としてアンケートを開始しました。 モード東洋建設、 古川電機 と他の会社。

海底調査は、1月21日に採択されたTLP浮遊式海上風力タービンのためのコスト削減技術を開発するためのNEDO(New Energy and Industrial Technology Development Organization)プロジェクトの一部です。

NEDOは、海底の地盤工学構造やその他の特性を理解するために、Green Innovation Fundプログラムに従ってコンソーシアムに依頼しました。

これは、TLP浮遊式海上風力タービンの設計パラメータを設定するために重要であると考えられています。

「コンソーシアムは、TLP浮遊式海上風力タービンを使用した発展の将来の検証テストを見込んで調査を実施し、計画を研究することに取り組んでいます。

「コンソーシアム内で、JERAは漁業の理解と協力して、北海道の石垣湾で測量を行い、風の状態や海洋観測を行い、TLP沖の浮遊式設計に使用するための環境パラメータを設定する作業を進める」です。 風力発電用タービン。

コンソーシアムは、地元の漁業業界、住民、政府政府と協議して検証テスト計画を策定します。

プロジェクトのために、JERAは計画された実証現場の調査と測定の実行、発電設備の設計、および環境パラメータの設定に参加します。

MODECはフローティングシステムと係留システムを担当し、Toyo Constructionはすべての係留基盤を監督し、古川電機は電力伝送システムを担当しています。

15MW級発電実証設備の基本計画は、JERAの設計および環境パラメータに基づいて作成されます。

今週初め、JERAはベトナムの再生可能エネルギー会社Gia Lai Electricityの株式35.1%を買収することに合意しました。

関連企業

READ  Skyrimビジュアルは、新しい4Kビデオショーケースで1200種類のモードですべての限界を超えています。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close