JFA、日北ワールドカップ競技平壌開催決定

Estimated read time 1 min read

日本サッカー協会は、北朝鮮とのワールドカップ予選が今月末、平壌で予定通りに行われると月曜日明らかにした。

パリオリンピック女子予選プレイオフの第1次戦は先月、北朝鮮首都から中立地域のサウジアラビアに移された。

今回の措置は、JFAが運営透明性不足やフライト不足などを理由にアジア管理者に北朝鮮から競技を移転するよう要請した後に出たものです。

JFAは3月26日、男子競技が予定通り5万人を収容できる金日成競技場で開かれるという通知を受けたと明らかにした。

両チームは3月21日、東京国立競技場で開かれるワールドカップ予選でも対戦する予定だ。

日本はこれまでミャンマーとシリアを相手に予選2試合で勝利しました。

北朝鮮はサウジアラビアで中立地帯でシリアに1-0で敗れた後、ヤンゴンでミャンマーを6-1に撃破した。

両チームは2011年11月平壌で開かれた2014年ワールドカップ予選試合を最後に行った。

北朝鮮は金日成競技場に集まった観衆の前で1-0で勝利したが、日本はブラジル大会に進出したが北朝鮮は脱落した。

READ  縮小されたNBAオールスターゲームのアクセス
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours