経済

JGBの利回り上昇、米国債の利回り追従

東京、10月22日(ロイター) – 金曜日、日本国債の利回りが上昇して米国債の利回りが上昇した一方、投資家は売り以降、米国の金利引き上げ速度を確認するために、慎重を期しています。

国債10年物は0.5bp上昇し0.090%、JGB 20年物は0.485%で1bp上昇した。

米国債の利回りは、インフレ率と、FRBがいつ金利を引き上げかの疑問を呼び起こす景気回復を示唆しているタイトな労働市場のために一晩上昇しました。

市場参加者は、米国債の利回りに基づいてJGB 10年物の利回りは、近い将来に0.1%に迫ることができると述べた。

日本の銀行が、日本の感染が減り続けばCOVID-19の融資プログラムの段階的廃止を議論することにより、日本経済が回復過程にあるとみられ、潜在的に銀行が投資家よりも早く主の危機モードポリシーを終了するように設定することができます。 予想である。

30年物国債の金利も0.700%で1bp上昇のに対し、40年物国債の金利は、米取引の状態で0.755%にとどまった。

国債2年物は-0.115%で横ばいを見せた5年物は-0.5bp上昇-0.070%を記録した。

ベンチマーク10年物JGBギフトは取引量が15,640ロットで0.10ポイント下落した151.27を記録しました。 (東京市場のチームを見て、Krishna Chandra Eluri編集)

READ  日本、アフガニスタン国民安全確保

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close