JGB 10年物収益率、日本銀行0.5%上限を超え

Estimated read time 1 min read

東京(ロイター) — 基準10年満期 日本国債利回りが金曜日日本銀行(BOJ)の新しい政策上限を超え、約8年ぶりに最高値を記録した。 。

10年満期のJGB収益率は0142 GMT現在0.54%と4bp高くなり、2015年6月以降最高値を記録しました。

満期が1~10年残った債券について予定になかった買い入れを発表することで、市場を鎮静しようとする日本銀行(BOJ)の試みにもかかわらず、収益率は上昇し続けました。

BOJは先月驚きの決定で、10年物の利回りが0から50bpまで動くことができる範囲を倍増しました。 次の方針決定は水曜日までです。

野村の中松沢首席日本マクロ戦略家は「市場は次回の会議で10年満期バンドを再び増やすと期待している」と話した。

「BOJがあきらめるには早すぎると思います。

ベンチマーク10年のJGBギフトは、2014年3月以来初めて144.15まで落ち​​ました。

BOJが政策を早く再調整することができるという推測は、今週の全国動向の先行指標である東京消費者物価が中央銀行の2%目標値の2倍で予想外に上昇したというデータを通じて構築されました。

水曜日の読売新聞は、BOJ管理者が来週2日間の会議で、債券市場に対する大規模な景気浮揚の副作用を検討すると報道した後、期待がさらに高まった。

同日、ユニクロ店舗運営会社であるペストリーテイリングは、日本を中心に最大40%まで賃金を引き上げると明らかにし、給与が消費者物価上昇に追いつき始めることができるという希望を与えた。

10年満期のJGB利回りは、財務省が最新紙幣のクーポンをそのレベルに合わせるために引き上げた後、前の4回のセッションで0.5%上限に当たった。

READ  宮崎大輔氏釈放」世間を騒がせて申し訳ない」(2020年11月4日) - YouTube
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours