エンターテインメント

JO1,1stアルバム「TheSTAR」発売それぞれの成長ポイント解説[Blue 편]| ORICON NEWS

11人組のグローバルボーイズグループJO1が25日、1stアルバム「The STAR」を発売した。 ORICON NEWSは11人のインタビューのほか、3種類のジャケットで質問です。 それぞれデビュー1stアルバム発売までの成長を聞いた。[Blue편에는카와지리 연꽃고노 純喜진청 비하이요나시로가 등장한다.

[사진]その他の写真

■ダンスも歌も成長川尻は「確かに成長する男 “

サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」でのグループJO1は101人の中から選ばれた11人(豆原一成、川尻蓮、川西拓実大平祥生ツエルボーシオン白岩瑠姫佐藤景瑚マタ翔也河野純喜、金星碧海、與那城賞)によって結成された。

[與 那城]純粋な喜びと、最初からだ。 私たちは、元のダンスをも来ていなくて、どうなるかと思った。 最近では、食らいつきながら何とか形になっているか。 しかし、純希の成長がすごい。 音とリズムをとることが堪能。 記憶も速い。努力していると思います

[코노]すべて成長していますね。 しかし、この3人のボーカルで蓮くんはダンスというイメージですが、歌が成長歩いています。 (今までは)「ダンスといえば」というイメージだと思いますが、今では歌の面でもJO1を支持してくれる大切な存在です。 「My Friends」ブリッジの最後の部分を「いつか歌いたい」と語った。 それを実現し、 “確実に成長している男」と思いました。

【川尻】Blue 3人のダンス未熟セット。 しかし、1回と言っていいほどのダンスに取り組もうとする姿勢が強い3人。 (ダンス)下手ですが、1回聞いてくる3人です。 豆も鏡に向かう時間は長くなりますが、3人にも負けないくらい。 最近も成長しており、これを継続すると心配していないかと思います。

[3 명]ありがとうございます!

[금성](しばらく沈黙)

【川尻】語? 目で言うタイプ?

[모든 멤버](おもしろ)

【金星】自分にしか見えなかった。 自分がアップグレードされると、チームのレベルの向上と考えて。 しかし、ダンスと歌のどちらが力になるといえば歌だと思う。 映画賞群は、安定した声を持っており、蓮くんは声のトーンが高く韓国の音楽に適している。純喜君は歌っているときに、細かい部分のニュアンスをすべてうまくいっている。 そこが好きなところです。 歌も口を開く方法とトーンでは全く違う。 それは完全に忠実にこなしている。 電源、すごいと思います。

ORICON NEWSはJO1 11人のインタビューも実施。 それぞれが考える新しいアルバム聞い頃や残っている」PRODUCE 101 JAPAN」の楽曲にしたい曲などを熱く語った。 また、これからの夢も語った。

——————————–
3月4日に発売したデビューシングル「PROTOSTAR」は3月10日発表のオリコン週間シングルランキングで初登場1位を記録した。 6月18日に発表のオリコン上半期ランキング2020でアーティスト営業部門では、JO1新人販売2位、作品別売上高部門で「PROTOSTAR(無限大)」がシングル6位を占めた。また、8月26日に発売した2ndシングル「STARGAZER(OH-EH-OH)」も9月1日に発表オリコン週間シングルランキングで2作連続で1位を占めた。

通常盤のほか、初回限定盤には3例(Red、Green、Blue) 各CDに加え、Red特典映像(JO1 PARTY)のDVDが、GreenはPHOTO BOOKがBlueはACCORDION CARDが付属する。 また、RedメンバーGreenメンバーBlueメンバーのソロアーサージャケットもランダム封入される。

READ  金魚が衰弱したまま...人気展覧会「アートアクアリウム」現場写真が波紋取材主催「今は全く違う」→一体何が? :J-CASTニュース[전체보기]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close