エンターテインメント

JR東日本、オンライン反発後の恵比寿駅からロシアガイド標識カバーを外す

東京 – 東日本旅客鉄道(JR東日本)は、4月15日、恵比寿駅で一部の乗客がロシア侵攻後の言語を表示することについて不満を提起した。案内標識を覆っている紙を取り除きました。 ウクライナの。

JR東日本側は「いろいろな意見を総合して看板を復元するのが適切だと結論づけた」と話した。 「駅内案内標識について誤解させて申し訳ありません。」

4月上旬、鉄道運営者は首都渋谷区にある駅西口改札にあるロシア標識を「調整中」という案内文で覆いました。

こうした動きはオンラインで批判を呼び起こし、あるネットユーザーは「彼らが何を調整しているのか?」と話した。 一方、他の人は「ロシア語はせいにすることはない」と話した。

これに対してJR東日本は4月15日午前初の列車時間に合わせてロシア標識を覆っている案内文を削除した。





2021年11月2日JR恵比寿駅にロシア語で表示された看板が見えます。 写真は、紙で覆われる数ヶ月前に読者が提供したものです。

鉄道会社によると、このロシアの標識は東京オリンピック・パラリンピックを控えて駅を利用する外国人観光客の増加を備えて設置したものだ。 JR東日本は逆看板に使用される言語について「基本的に日本語、英語、中国語、韓国語の4つの言語を使用する。その他の言語は駅ごとに自律的に表示する」と説明した。 」

恵比寿駅には「六本木」、「中目黒」など目的地を示す標識がロシア語で表示されました。 ロシアが2月にウクライナ侵攻を始めた後、一部の乗客は「ロシア語で書かれた標識を見るのが不便だ」と不満を吐露した。

鉄道事業者は東京オリンピックが終わった後、看板に使われる言語整理とロシア大使館への道の問い合わせが必要で、4月7日からロシアの看板表示を中断して紙で覆ったと主張した。 日本も断った。

去る4月14日、恵比寿駅を利用していた会社職員(51)は、毎日新聞に「日本にいるロシア人は間違っていない。むしろ’調整中’という案内文を見ると心が不便だ」と話した。

食堂で働く30代女性は、ロシア人と日本人の両親の間で生まれた知人がいると話した。 彼女は「紙で覆われた看板を見ると心が痛くなるだろう」と話した。

(東京市ニュース部最上一樹と遠藤涼の日本語オリジナル)

READ  日本の浜口の村上脚色、カーン賞を競うである

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close