経済

JR東日本、在宅勤務需要に新幹線「事務用車両」発売

感染症の中で新しい作業スタイルの需要を高めるために、月曜日に東日本鉄道(East Japan Railway Co.)は、東京と日本の北部および中部地域を結ぶ特定の新幹線新幹線路線に搭載された「事務用車両」をリリースしました。

追加料金なしで平日のみ東北、上越、北陸線の8号車の乗客は、座席で電話やオンライン会議に参加することができます。 残りの列車では推奨されない活動です。 。

成功した試運転を経ていよいよサービスを開始したJR東日本のある関係者は「時間と場所にこだわらない新しい業務方式を支援したい」と話した。

月曜日に走る北陸新幹線の内部にマスコミの接近が許可されたが、そこには8番車両の扉に「事務用車両」というステッカーが付いており、座席には運行を説明するチラシが付いていました。

JR東日本の従業員の一人が、騒音除去ヘッドホンを使って遠隔で働く方法をメディアに示した。

乗客はまた、ノートパソコンの画面の内容を顔に着用する特殊レンズに投影する「スマートメガネ」を借りることができます。 東北線の新幹線では、乗客は座席やテーブルを無料で囲む小さな仕切りを利用できます。 北陸線と上越線についても同様の措置が検討されている。

新幹線の遠隔作業スペースは、東北線と直結する北海道の他の鉄道事業者の新幹線でも利用できます。

JR東日本は、新しいサービスが人々がオンライン作業と旅行を組み合わせる「出勤」旅行を奨励するとともに、COVID-19感染症の間に急激に減少した出張需要を促進するのに役立つことを願っています。

混雑を避けるために、週末、祝日、年末年始はワークスペースを利用できません。

しばらく事務用車と座席の形やデザインは変わらないだろうが、JR東日本は今後のリモデリングを検討すると明らかにした。

Central Japan Railway Co.とWest Japan Railway Co.も東京、名古屋、大阪、福岡。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  Seven&IのSpeedway引数は違法であることがあります。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close