経済

JR西日本「銀河」が運行開始! 斎藤ゆきと試乗レポート[PR] | Lmaga.jp

中間停車した鳥取県の生産(庄山)駅から。 地域・ニッチ都市の特産品であるトマトを使ったトマトジュース販売などのおもてなしも

広い宇宙に存在する様々な星の集まりを指す「銀河」その世界観をコンセプトにした西日本地域を走る新しい長距離列車「WEST EXPRESSギャラクシー」が2020年9月11日、ついに運行開始された。

西日本地域宇宙各地の魅力的な地域を星に例え、その地域を結ぶ列車という意味が込められてネーミング車両デザイン “越後ときめきリゾート雪月花」などをデザインした川西康之氏が担当。

様々な旅行のスタイルに応えられるよう、個室でくつろぐクロ瀬戸(ベッド風の座席)と快適シート、ファミリーキャビンまで様々な種類の座席が用意されている。

「WEST EXPRESS銀河」は、9月から京都・大阪〜島根県出雲市を夜間特急で運行して12月から三洋電機領域を低行特急で運行予定。そんな注目の新列車、鉄道好きタレント斉藤雪乃さんと試乗に。

1号車は2席1箱になったか、仕様のグリーン車指定席。 夜間運転時の座席の背もたれをつかんでベッドとして使用

「WEST EXPRESS銀河」に乗船斎藤さんは開口一番「私の大好きな117系車両が見事に変身して、夢のような」と大喜び。そんな斉藤さんの「WEST EXPRESS銀河」のおすすめポイントは?

「過去の新快速の車両だった117系車両を改造した長距離列車ができると聞いた時からワクワクしていましたが、このように見事に変貌して驚きました。夢のようです」

「車にすべてのデザインが異なり、様々なタイプの座席があるのも楽しく、もはや117系ではない….でも、ステアリングホイールだけあえてそのままとんですよ。素敵な手配ね」

女性の桁になる2号車は、明るい色と座席が交互に配置されているのが特徴
女性専用席となる2号車は、明るい色と座席が交互に配置されているのが特徴

「寝台列車のファンには、ブルートレインを彷彿とさせるガラス紺色の外装に一度開放Bベッドを連想させるアクセトイことも我慢できない。ク瀬戸に横になったときの揺れも心地良く、懐かしい気持ちになることがあります “

「WEST EXPRESS銀河のデビューに合わせて発売されるお弁当もチェックしてください。沿線のごちそうがいっぱいです。お弁当を食べるなら、車内に数箇所の空き領域をお勧めします “

“空き容量を備えているのもいいですね」と、4号車の空き領域からギャラクシー特製弁当を手に斉藤雪乃さん

大阪駅から出雲市駅まで約11時間の旅を満喫した斉藤さんはまだ乗って不足している様子で、このように「WEST EXPRESS銀河」のことを言ってくれました。

現在「WEST EXPRESS銀河」は、抗ウイルス、抗菌加工を施すなど、新型コロナウイルス感染拡大防止のための各種の努力対策を行った後、乗車人員を定員の約60%減少し、日本の旅行の旅行商品にのみ販売されている。

「WEST EXPRESS銀河 “ツアーお申し込みは、事前抽選制で11月出発分の申請が9月18日のランチ11時から開始します。 締め切りになる30日・午後6時(予定)まで応募の中から抽選で当選者のみ申請が可能である。

出発日料金などツアーの詳細は、日本の旅行 “WEST EXPRESS銀河」特設サイトまで

READ  阿部辞任、アベノミクスの2つの大罪| 小幡実績| コラム

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close