スポーツ

JRA天皇賞・秋(G1)フィルターエアーマンが「メジロマックイーン化 “血に!? 名前ステ思いの言葉を避けたい理由は… – GJ

11月1日、東京競馬場で開催される天皇賞・秋(G1)今年5月に天皇賞春(G1)で優勝した被エアーマン(某5歳、美穂・手塚貴久厩舎)が、春秋盾優勝に挑戦する。

被エアーマンは秋の開始前に、すべてComers(G2)を予定していたが、直前に熱発ない。 矢を天皇賞・秋に変えてきた。 この熱発について手塚トレーナーは「一日休んだだけで、すぐに馬場に進入することができました。影響は少ないと思います。一応再建の意味も含めて、(ノーザンパーム)天栄に短期放牧出し戻ってきてから順調に来ています」とコメント。不安する必要はないようだ。

手塚トレーナーは「チャレンジャー精神でレースに臨む」という言葉もあるように、立場はあくまで挑戦者。 G1・7勝アーモンド子供が相手なら、それは当然だろう。

しかし、「netkeiba.com」予想確率(28日現在)は、1.5倍アーモンドアイに次いで2番人気のクロノジェネシス(2.9倍)、3番人気のダノンキングリー(12.1倍)、そして4回人気(13.8倍)にようやく血エアーマンの名前が登場する。

G1は勝利数万言えば、クロノジェネシス(2勝)、ダノンキングリー(米勝利)より多くの3勝して実績には、ナンバー2のもの。 「不人気」の理由は、中間熱発のほか、距離にあることは間違いない。

「血エアーマンG1・3勝すべて3000m以上に偏っており、寝るだけ見れば、全体システム思いとすることができますグレード制導入後3000m以上の国内G1を3勝以上した言葉は、被エアーマン以外メジロマックイーン、ライスシャワー、北山ブラックの3匹。メジロマックイーンは菊花賞だけでなく、天皇賞春を2回、宝塚記念を制しました。

引退後は主流血脈を持っていないこともあって、大きな期待と新郎進入したが、直接の子でG1馬は出ていない。 ご存知のように、母の父として良い実績を残していたが、種馬として大成することはできません。 母系が体力に偏向もあったが、サンデーサイレンス全盛期の高速馬場が合わなかったようステ思いのイメージが強すぎてことなどが要因と考えています」(競馬雑誌ライター)

G1を既に3勝しているフィルターエアマンも引退した後の種馬が間違いない。 しかし、3000m以上のG1勝利しかないと、「システムだ “というレッテルがついていることは確かである。 現代競馬ではかなり否定的な烙印になってしまうだろう。

「競馬予想TV!」(フジTV ONE)にラップエディタで出演する夏目耕四郎氏は、自分のTwitterに「血エアーマンただし中距離G1の一つ勝ちたいと思う(勝つたい)でしょう。 長距離G1を3勝では新郎に評価の低い状態から。超良血だね惜しい」と記録した。種馬としての価値を高めるためにも、天皇賞・秋は是が非でも手に入れたいタイトルだ。

元菊花賞まで1800mを使用瞬発力を備えた中距離タイプという声も多かったフィルターエアマン脱ステ思いに、そして何よりも、新郎で自分の将来のためにも、府中の2000mで悪驚く台突破に期待したい。

READ  レイカーズの勝利の理由を探るロケット誇るマイクロボールに成功したフランクフォーゲルの「緻密な計算」 - バスケットカウント| Basket Count

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close