技術

JSR、アメリカ最先端のフォトレジストメーカー買収

TOKYO – 日本の半導体材料メーカーJSRが最新のチップ製造化学の分野の専門知識を基に、オレゴン素材Inpriaを買収すると金曜日に発表した。

現在Inpriaの株式21%を所有しているJSRは10月末までに、残りの株式をすべて現金で買収する予定である。

JSR CEOエリック・ジョンソン(Eric Johnson)は、金曜日オンライン記者にインフラリアが会計年度2022年までに黒字を出すと述べた。

Tadahiro Suhara JSR常務理事は「チップメーカーはInpriaの技術を高く評価しており、我々は、収益性に向けた有望な道を行っていると思います。Inpriaは極紫外線リソグラフィに使用されるものを含むフォトレジストで強い評判を得ています。

フォトレジストは、シリコンウエハに回路を印刷するために使用されます。 チップメーカーは、半導体が小さくなり、さらに洗練された製品を求めてきた。

JSRは、次世代半導体の生産のために設計された金属酸化物フォトレジストにInpriaの技術を活用することを希望しています。 JSRおよびその他の日本の会社は、フォトレジストのグローバルシェアの約90%を保有しています。

5月に元のエラストマー作業を石油会社Eneosに売却した後、JSRは、チップの製造材料と生命科学の目を回した。

Johnsonはフォトレジストの世界市場が今後10年の間に倍増するもので、継続的な積極的な投資がJSRこの技術の優位性を維持するために重要なのだろうと付け加えました。

READ  SoftBankは、暗号化、分析会社Ellipticに6000万ドルの資金調達ラウンドに賭けます。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close