Jun Matsumoto、出演陣が日本中部にある有名な将軍の出生地で新しいドラマ観覧

1 min read

左から俳優の有村香澄、松本淳、大森奈緒、山田由紀、杉野洋介が2023年1月8日愛知県岡崎新民会館で開かれたNHK史劇「東鶴家康」のイベントで見られる。 孝道)

2023年1月8日、愛知県岡崎市民会館で開かれたNHK史劇「東鶴家康」パブリックビューアンドトークイベントを控えて人々が並ぶ姿が見られる。 (毎日/兵庫告知)

岡崎、愛知 – 公共放送NHK史劇「東駿家康」で武将徳川家康役を務めたポップスター松本潤と他の出演陣が家康の生家である愛知県岡崎で開かれたパブリックビューアンドトークイベントに参加した。 初回放送日の1月8日。

パブリックビューイングトークイベントに先立ち、2020年末の活動を中断した日本人気ボーイズグループ嵐のメンバー、松本が家康の家臣である本田忠勝役を演じる俳優山田由紀、杉野洋介と共に岡崎城を訪れた。 坂木原康正。 三人は城の前で写真を撮って取材陣と会話を交わした。

ドラマは日本を統一して統治する家康の戦争と混乱の中で、厳しい決断と様々な苦難でいっぱいの人生を描く。 松本監督は「今年は皆に愛される家康を演じ、皆さんが楽しめる作品を伝えるために最善を尽くしたい」と話した。

松本は家康の発祥の地、すなわち出発点を訪れながら「感情がリセットされた」と話した。 続いて3人の俳優は「We love Okazaki」を叫んだ。

その後、トリオは、岡崎市民会館ホールでパブリックビューイングやトークイベントのために抽選に当選した他の俳優や参加者と参加しました。 岡崎市が主催したイベントでは、ファンや多くの人が「どるる家康」の最初のエピソードを一生懸命視聴しました。 彼らは全国で合計17万6593人の志願者の中から選抜されたが、これは行事に参加できた900人より約196倍も多い数値だ。

家康の正室である瀬奈役を演じた俳優の有村香杉は「瀬名が悪女というイメージがあるが、そんな理由があるだろう」と話した。 そんな点を意識して演技で表現しようと努力した」とし「着物帯のためにご飯を食べにくく、撮影を通して腹が空いた」と冗談もした。

松本は名古屋での撮影の最初の1ヶ月間、出演者の一部が一緒に食事をして、これがチームワークの基盤を作ったと思うと明らかにしました。

彼は「他の時代だが、今日視聴者に響くメッセージとヒントがいっぱいで、何よりも楽しい芸能だ」と話した。

(川瀬新一郎、名古屋ニュースセンター、岡崎地方局渡辺高文)

READ  Nikon、REDの買収:映画館のカメラの版図を変えるか?
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours