Junaid KhanがSai Pallaviと一緒に、日本での無題映画の50日間のスケジュールを終え、動画が口コミに乗っています。

Estimated read time 1 min read

ジュナイドカーン(左)、サイパラビ(右) 画像:Instagram

バリウッドスーパースターのアミール・カーンの息子であるジュナイド・カーンは、まだタイトルが決まっていない映画の50日間の日本日程を終えました。 仕上げパーティーの映像はインターネットで口コミが出ており、Sai Pallaviがチームと共にヒット曲に合わせて踊る姿を見ることができます。 映画では、Sai Pallaviは映画のKhanの反対側に出演します。

映画制作陣は先にムンバイで撮影を終えた。

Sai Pallaviは日本で50日間のラップを記念しました。

公開された映像には青いコーディネートセットを着たサイ・パラビ(Sai Pallavi)がヒンディー語トラックに合わせて踊る姿とチームメンバーらが後ろから歓呼する姿が盛り込まれた。 別のビデオでは、チーム全体が象徴的なヒットトラックに合わせて踊っています。 違います。

映画関係者はIANSに「ジュナイドカーンがアミールカーンプロダクションの旗の下で50日間の映画制作日程を終えて日本から帰国する」と伝えた。 札幌ではジュナイドがついに日程を終えました」

去る2月には女優サイ・パラビが映画セット場でジュナイドと共にいる姿が目撃されました。 公開された写真には雪祭りの間、札幌で撮影中の二人の姿が盛り込まれた。

無題の映画について何を知っていますか?

出演陣と制作陣は、日本で撮影中の大雪で撮影が中断され、予想外の難関にぶつかった。 しかし製作陣は状況を順調に克服した。 制作陣側の関係者は「日本撮影初日の予期せぬ大雪が降った。それでもチームは止まらず、驚くべき回復力と決断力を見せてプロジェクトを順調に進めた」と伝えた。

消息筋は該当事件以後、制作陣が締め切りを合わせるために1日12~14時間ずつ追加時間を投資したと付け加えた。 ジュナイドとチーム全体は、すべてのフレームで札幌の真正性と息をのむような美しさを捉えるために揺れない献身を示しました。

READ  フォーティナイナスでもう一つの機会を狙う自信溢れるAaron Rodgers
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours