スポーツ

Juvic、日本の優勝とBritish Openに復帰

Juvic PagunsanがMizuno Openトロフィーを誇らしげに自慢します。 -JAPAN TOUR WEBSITEの写真提供

Juvic Pagunsanがついに日本プロゴルファー協会ツアーで優勝しました。

43歳の元アジアツアーチャンピオンはJFEで開かれたミズノオープン日曜日の関門で長野龍太郎を3打差で破って4アンダー68打終えた後、13年の間に164回目先発出場を行いました。 岡山県瀬戸内海ゴルフクラブ。

COVID-19危機によりキャディーの使用を禁止するトーナメント規定によりバッグを持って持ち運べるように強要された波群山は不振を表示 – パー – ビューの開始を克服し、残りの6人のバディを奪って、最終的に地域のチャンピオン桁に上がりました。 最も収益性の良い旅。

少なくとも4人の選手と一緒に13ホールシャトツアウトで波群山は1パット10番で彼の方法遮るうと試み誰を削っ下し、そのうち6人バディのために5回アプソヌンを見た。 最後の穴まで彼は長野の66度近くなることがなかった199路地を上げた。

優勝の価値は520万ペナルティだったが、より重要なことは、波群山が昨年、健康危機がピークに達したとき、世界で最も古いメジャーがキャンセルされた後、7月にロイヤルセントジョージスで行われた全英オープン復興のために第二の旅行を行った。 2012年に初めてそこで活躍したPagunsanはErnie Elsが優勝したRoyal Lytham&St Annes Golf Clubから72位を獲得した。

7回の準優勝の末勝利を収めたが、そのほとんどは波群山の決意を折らなかったほとんど失敗に終わった。

そして、それはプロが観客とキャディーの非立場を含む非常に厳格な安全プロトコルを耐えなければならいたツアーの中で最も困難な時期に来ました。

波群山は選手が使用できるカートに乗らずに袋に11個の棍棒だけ込めコースの多くの課題の中で生き残ることができた。

BacolodのBinitinでキャディーなくゲームを学んだPagunsanはバッグを軽くするために19度のユーティリティクラブの代わりに3、4、6および8鉄を残し、非常に快適でした。

これは2018年にAngelo QueがTop Cup Tokai Classicを支配した後、過去3年間、日本でのフィリピン人の第二の勝利です。 INQ

次を読む

最新のニュースや情報をお見逃しなく。

購読 さらに詳しく フィリピンのデイリーインクワイアラー(The Philippine Daily Inquirer)、およびその他の70以上のタイトルにアクセスして、最大5つのガジェットを共有し、ニュースを聞いて、午前4時にダウンロードして、ソーシャルメディアの記事を共有することができます。 896 6000に電話してください。

フィードバック、苦情やお問い合わせは、 お問い合わせください。

READ  ワラビーの息子を要求する日本ラグビー

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close