JX日本、アスピラントグループから日本ドリルカンパニーを買収

1 min read

JX日本オイル&ガスエクスプローラーは 発行株全体を取得 東京を拠点とする海洋掘削機日本ドリリングカンパニー(JDC)アスピラントグループに関連する資金から。

取引の財政条件は会社に開示されていません。

取引が完了すると、JDCはJX日本の連結子会社となります。

JX日本の子会社 エネオスホールディングス、JDCの企業価値を高め、成長を加速するために、JDCとパートナーとして協力し続けます。 Eneos Groupは、2040年までにカーボンニュートラル事業を達成することを目指しています。

JX日本は、JDCの買収を通じて石油・天然ガス開発事業の競争力をさらに強化することを期待しています。

プレスリリースでは、JX Nipponは、「CO₂地下に注入して貯蔵するための掘削井戸は、炭素回収と貯蔵/炭素回収、使用と貯蔵(CCS / CCUS)バリューチェーンの重要な技術コンポーネントであり、JDCの参加はさらに強化されます。 Eneos Groupが提供するCCS / CCUSバリューチェーンを強化し、日本が炭素中立計画を達成できるように設定と能力を強化します。

規制承認により、取引は2023年4月末までに完了する予定です。

JDCは、海上掘削事業に従事する日本唯一の会社として知られています。

2023年1月 JX日本、エネオスグループ、 電力開発 (ジェイパワー) ジョイントベンチャー(JV)設立に合意 国内CCSの商用化に拍車をかける。

West Japan Carbon Dioxide Storage Survey Co.と呼ばれるJVは、日本で大規模CCSの妥当性調査を行っています。

READ  米国、日本、ミサイル迎撃体に関する協定発表:読売| ビジネス
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours