K-ポップ、K-ドラマ日本で「4回目」ブーム満喫

1 min read
読売新聞ファイル写真
2004年11月、東京で開かれた記者懇談会で韓国俳優ペ・ヨンジュンが演説している。

韓国のエンターテイメントと食文化は、日韓関係が冷えていく時期にも、日本の若者の間で長い間人気を集めました。

韓流ブームは2003年、NHKが日本で初放送したドラマ「冬のソナタ」がきっかけとなった。 この放送は主演俳優ペ・ヨンジュンを’ヨンサマ’と呼ぶ熱血女性ファンが登場するなど社会的現象になった。

以後東方神起としても知られる東方神起と同じKポップグループ! 少女時代、カラなどが日本で人気を博したが、2012年8月、李明博(イ・ミョンバク)当時、韓国大統領が島根県の竹島を訪問し、韓国音楽トレンドは一時的に衰退しました。

しかし、2017年韓国エンターテインメントは日本人メンバー3人が含まれたガールズグループTWICEの日本デビューに続き、新しい勢いを得た。 同様の時期に防弾少年団をはじめとする他のバンドもそれぞれのファン層を広げた。

2018年12月、小説「82年生まれキム・ジヨン」が日本語で出版されて大きな話題を集め、ドラマ「愛の不時着」、「梨泰院クラッツ」など韓国芸能の魅力をさらに広げた。 日本「第4の」韓流ブーム。

韓国大衆文化専門家の俳優黒田福美(66)氏は「最近多くの人々が韓国ドラマやファッションなどの高品質のために引き付けられる」と話した。 「韓国人であるとも知らずにそのようなことを見て交流します。 しかし、私はこれが短期的なブームだとは思わない。 韓国エンターテイメントが日本社会に本格的に根付いた」と話した。

READ  シュタイフテディベアをモチーフにしたクリスマスケーキ、プリンスギャラリー東京紀尾井町で - ファッションプレス
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours