K2ピクチャーズ、日本映画ファイナンスイノベーション目標

Estimated read time 1 min read

日本のベテラン映画制作者の木宗之(Muneyuki Kii)は、日本の映画資金調達に対する伝統的で硬直的でリスクを回避するアプローチを揺るがすために大胆で新しいベンチャーを設立しました。 以前は東京にあるスタジオ東映のシニアプロデューサーだったこの役員は、日本業界により直接的なハリウッドスタイルの映画資金援助モデルを提供することを目指すミニスタジオであるK2 Picturesの発足を木曜日に明らかにしました。

新会社は、実写・アニメ日本映画に資金を調達するため、「K2P映画基金I」と呼ばれるコンテンツ基金を発売する予定です。 K2Pはまた、黄金のやし賞受賞者ゴレエダヒロカズ(少し泥棒)、地域産業の中枢である三池貴志(イチザキラー13人の暗殺者)、岩井俊二(恋愛の手紙)、西川美和(揺れ)、白石和也(悪魔の道)と次のメガヒット作で有名な大手アニメスタジオMAPPA ユジヘソン0 そして 進撃の巨人。

KIIはK2PのCEOを務める予定であり、発足当時他の上級経営陣としては、日本ゲーム及びマンガ出版社の赤月の共同創業者である小田哲郎(Tetsuro Koda)と投資管理会社であるベントルグリーンオーク(BentallGreenOak)のアジア会長。インフレッド・シュミットがあります。 Kiiは東映で25年以上勤務し、実写とアニメ長編の両方を制作しました。 主な内容は次のとおりです。 安野秀明 エヴァンゲリオン: 3.0 再びできます。 そして 新仮面ライダー井上竹彦 最初のスラムダンク岩井の カイリ そして三池の 初恋他の多くの中で。

何十年もの間、ほとんどの日本映画は、映画会社、テレビ局、出版社のグループ(しばしば10の機関)が集まってプロジェクトに共同資金を調達する、いわゆる制作委員会システムで制作されました。 このシステムは、既存の業界参加者の財政的リスクを減らす効果的な手段であるが、創造的なリスク減減を抑制し、外部投資を制限し、アーティストの交渉力を弱めるような方法で長い間批判を受けてきた。

K2ピクチャーズは声明を通じて「私たちはハリウッドと全世界で使われるアプローチに沿って、この映画エコシステムを「映画制作資金」の一つに発展させる新しい方法を模索している」と明らかにした。映画生態系は、伝統的に映画会社が積み上げてきた収益を投資家と創作者の両方に返すことで、映画制作をより豊かにするでしょう。

同社の発足は、多くのアナリストが日本のエンターテイメント部門の成長する国際的な可能性について楽観している時期に行われました。 同社のファンドは、日本と海外の投資家に日本の有名なエンターテイメントプロジェクトに参加するための新しい道を提供します。

Kiiは「K2 Picturesの発足を通じて日本の映画産業に大きな革命をもたらしつつ、新しい国内および海外投資家にこの繁栄する産業に参入する機会を提供することを目指しています」と述べました。 「世界中で日本関連コンテンツへの関心が高まっていることは明らかです。 したがって、私たちは地元の映画業界をグローバル市場でより活発で公正で収益性を高めるとともに、観客を魅了する強力なコンテンツパイプラインを構築することに専念しています。 」

K2ピクチャーズは、会社とファンドの発足を記念するために、今後のカンヌ映画祭の期間中にプレゼンテーションを開催する予定だ。 今回のイベントは5月18日午後12時45分、JWマリオットホテルで行われ、西川美池が出演する。

READ  ポケットモンスタースカーレットとバイオレットの予約販売はすでに日本で記録を更新しています。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours