K2ピクチャーズは日本の保守的な映画制作システムを壊そうとしている

Estimated read time 1 min read

ゴレエダ、三池、岩井、西川の映画でカンヌでデビューする予定だ。

日本東映の元制作責任者であった宗之之氏は、日本映画制作方式を覆すことを目指す会社であるK2 Picturesを設立します。 後田弘和、岩井俊二、西川美和が出演するデビュー作は来週のカンヌで公開される予定だ。

新しい会社戦略の重要な部分は、実写およびアニメーション制作に投資する映画ファンドであるK2PフィルムファンドIを設立することです。 日本、その他アジア地域、米国の投資家誘致を目指しています。

「現在、ほとんどの日本映画は、映画会社、放送局、出版社などの組織が構成する「製作委員会」というこの国でしか見られないシステムで制作されています。 このシステムの資金調達は、映画関連のノウハウがあるソースからのみ行われるため、参入が難しく、制作者と創作者の両方に収益が制限されます。

製作委員会は、危険を回避する保守的な選択と遅くて不透明な意思決定によって悪名高いです。 彼らが生み出した高い参入障壁は、国境を越える共同制作にも嫌悪感を呼び起こしました。

「K2 Picturesは、ハリウッドと世界中で使用されているアプローチに沿って、この映画エコシステムを「映画制作資金」の1つに発展させる新しい方法を模索しています。 新しい映画エコシステム [..] 伝統的な映画会社が積み上げてきた収益を投資家と創作者の両方に返すことで、映画制作を豊かにします。 この哲学を支持する国際的に活動する創作者は株主として参加することができます。

KiiはKodaとFred Schmidtがこのベンチャーに加わりました。 コダは赤月の共同創設者であり、マーケティング、映画、ゲーム、出版の分野で関連する経験を持っています。 Schmidtは、マイアミに本社を置く不動産投資管理会社であるBentallGreenOak(別名BGO)のアジア会長で、約810億ドルの資産を管理しています。

カンヌで公開される予定の作品には、次のプロジェクトが含まれると予想されます。 汎アジアヒット作「ラブレター」を演出した岩井俊二。 20026年、映画「Sway」がカーン監督週間部門に選ばれた西川。 カーン定番の三池貴志(「13人の刺客」)。 多作の監督白石和也(「悪魔の道」)。 「芸術海線0」、「進撃の巨人」などの作品を保有した屈指のアニメ会社マパ(MAPPA)。

日本で最も有名な監督の中で、ゴレエダは最近自分のプロフィールを活用してかつて硬直していた日本映画産業に変化をもたらしています。 彼は、州政府の映画資金を増やし、創作者が作品に財政的に参加できるようにするフランス国立映画センター(CNC)のように運営される新しい規制および資金援助機関の設立を促しました。 彼はまた、性的虐待と職場での嫌がらせの事例を調査する際に、フェミニスト運動、性的平等、透明性を支持しました。

「私は30年間映画を制作してきましたが、伝統的な映画制作方法についての疑いと悩みを解決する方法を模索してきた中、ギイさんと彼のチームの挑戦に応えました。 この挑戦が成功すれば映画界に良い風が吹き、新しい人材の機会が開かれることになるだろう。 そのような未来を現実にしようとする情熱に共感し、このプロジェクトに参加することができて嬉しい」とゴレエダは声明を通じて語った。

「世界中で日本関連コンテンツへの関心が高まっていることは明らかです。 そのため、グローバル市場で現地の映画業界をより活発で公正で収益性の高いものにするとともに、観客を魅了する強力なコンテンツパイプラインを構築することに専念しています。 「私たちの新しいファンドはまた、リスク軽減戦略と芸術的卓越性への献身を組み合わせて、革新のための灯台になるでしょう。」 経験豊富で経験豊富なリーダーシップチームとともに、私たちはグローバル映画界に大きな影響を与える可能性があります。」

「K2ピクチャーズの挑戦を応援したいので、今回のプロジェクトに参加することになりました。 私たちはまた、アニメスタジオとしての最善を尽くして何ができるかを心配しながら、映画制作のパートナーとして彼らと一緒に働くことを期待しています。」とMappaは言いました。

READ  アフガニスタンでタリバンと直接交戦し、日本はG-7諸国に知らせる
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours