Kai Sotto、広島、Bリーグ準決勝進出のためにリーグリーダー千葉を気絶させる

Estimated read time 1 min read

Kai Sottoは、広島ドラゴンプライズが日本Bリーグ準決勝進出に近づき、自分の時間を最大限に活用します。

MANILA、フィリピン – Kai SottoとHiroshima Dragonfliesは、第3戦2選手権の第1戦でリーグをリードするChiba Jetsを72-70に勝ち、日本のBリーグ準決勝進出1勝以内に移動しました。 5月13日土曜日、船橋アリーナで

千葉のVic Lawによる3塁打に続いて70-70同点になった状況で、広島のKerry Blackshear Jr.は9.4秒を残して冷血した自由闘を2個振り、JetsガードYuki Togashiが転換に失敗しゲーム勝者であることが判明しました。 最終プレイで彼の潜在的なゲームタイプロッタについて。

Dwayne Evans IIはHiroshimaで16得点で最高得点を記録しました。 Hiroshimaは2分36秒を残し、8点目のリーダーである70-62をほぼ無駄にするところで、Blackshearは15ポイント10リバウンドのダブルダブルを記録しました。

最近21回目の誕生日を迎えた7フィート3インチのソトは、ドラゴンプライズでプレイ時間を最大限活用し、3/4シューティングで7得点、4リバウンド、1アシスト、1スチール、1ブロックを記録しました。 16分近く。

一方、Lawは16得点の8リバウンドでJetsを率いた。

広島は5月14日日曜日のマニラ時間で午後2時5分に千葉と再び衝突しながら射殺を試みます。

沖縄アリーナで開かれた8強戦2次戦で、カールたまよと琉球ゴールデンキングスがレイパークスのない名古屋ダイヤモンドドルフィンスを92-81に破って準決勝進出権を確保しました。

しかし、Tamayoは2分8秒という非常に限られたプレイ時間中に1つのターンオーバーと1つのファウルを除いて何も入れなかったので、Golden Kingsにとってはノンファクターでした。

元UP Fighting MaroonsスターTamayoは、5月12日金曜日にDiamond Dolphinsと対戦したGolden Kingsの91-85 Game 1の勝利でDNPにサインインしました。

琉球はシリーズクリンチャーで30得点12リバウンドという膨大なダブルダブルを落とした3回PBAベストインポートAllen Durhamに大きく依存しました。 – Rappler.com

READ  プレビュー:日本対パラグアイ - 予測、チームニュース、ラインナップ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours