スポーツ

Kamloopsの展覧会は、日本 – カナダの経験を探る。

Collective Memories:Japan Canadian ReflectionsはKamloops Japan Canadian Associationとそのメンバーの助けを受けて製作されており、多くの物語を共有して博物館に貸与した歴史の部分を込めました。

カムループス博物館(KMA)とアーカイブで進行中の展示は、現地日系カナダ人の経験、歴史とアイデンティティのためのアイデアに焦点を当てる。

Collective Memories:Japan Canadian ReflectionsはKamloops、日本、カナダ協会とその会員の助けを借りて製作されており、それらの多くの物語が共有されて博物館に貸与された歴史の部分が含まれていました。

展示は2022年3月11日までに市内シーモアストリートとセカンドアベニューの博物館で行われます。

キュレーターCraig Willmsは「私は単なる歴史的調査から抜け出し、現代美術博物館の展示を多く混合しようと努力しました。」と言いました。

Kamloops Art Galleryで働いている混血Willmsは展覧会の準備を支援するためにKMAと契約を結びました。

展示内の歴史は、カムループス、地域の初期定着から第二次世界大戦中、日本の遺産を持つカナダ人の抑留、フォローアップのための闘争とカムループス、日本、カナダ協会のような協会設立に至るまでさまざまです。

Willmsは「本当に私たちの地域の日系カナダ人コミュニティを捕捉しようとしました。」と言いました。

展示会でのスポーツの機能が顕著になります。

展示された記事の1つは、カムループスのヘンリーオイェ近づい日本大会で優勝したときに着ていた衣である。

Uyedaは2008年にKamloopsスポーツの殿堂に殿堂され、他の栄誉も保有しています。 彼は1963年カムループス柔道クラブで講師を始めました。

もう一つの展示品は、有名な朝日野球チームの最後の生存者であるカーミニ時のKの野球のユニフォームです。 そのクラブはバンクーバーに拠点を置くていたKamloops接続は、第2次世界大戦から来ました。

Asahiは1940年代にメンバーが地方全域に抑留され解散しました。

KaminishiはLilleoetで終わって後Kamloopsに定着しました。

Kaminishiのような日系カナダ人はBC全体で、Lilleoet、Bridge RiverとKootenaysの複数の場所に拘束された。

「日本人はインテリアに集まる。 彼らは海岸に行くことができませんが、どこかに行かなければならなので、最終的にここまで来ました。」とWillmsは言いました。

展覧会は、日本の遺産のカナダ人抑留に固定されているがWillmsは、日本 – カナダの歴史のその部分に続く焦点を合わせる傾向がある言いました。 結果的にWillmsは文化の多くの露出が失われると言いました。

「したがって展覧会の目的は、人々にそれについて教育し、家族の歴史を再呼び起こすことだけでなく、人々が実際にしていること、つまりスポーツ、地域社会での仕事を見てみることでした。」と彼は言いました。

展示されたもう一つの作品は、カムループスブレザーアーロン・ケラー(Aaron Keller)の阻止であり、ウィルルムス半日本人と言いました。

「どのように多くの人々がそれを知っているか、そしてそれが実際にどのように重要よく分かりません。 それ展示会で質問の一つです。 この文化的歴史いかに重要か? 本当にどういう意味ですか?」 彼は言った。

アイデンティティを扱うのは、展覧会の重要な部分であり、WillmsはまたKelowna映画製作者のまさにそのアイデアを探求する一連の映画も上映と言いました。

この展示会には芸術家Jana Sasakiの作品もあります。 彼女の作品は、ビクトリア・ストリートと5番街にあるカムループス美術館のキューブにも展示されています。

Injustice and Identityというタイトルのこの展示は、KMA展示と接続されており、アジア系6人の芸術家が展示されたWhose Stories?という美術館のメイン展示も同様です。 両方の展示すべて12月31日まで行われます。

カムループス博物館、アーカイブとカムループスアートギャラリー間の協力は、長い時間がかかりました。

「これは、私たちが長年話しており、同じ時間に同じページに到達することだった最終的に行われました。」とWillmsが言いました。

READ  日本は東京オリンピックでスケートボードに優れています。 秩序ある国家が乱暴なスポーツを警戒しているにもかかわらず、

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close