技術

KDDI、日本初のABEMAで5G SAを使用したライブビデオ放送

KDDIはAbemaTVが運営する最先端のテレビネットワークであるABEMAと協力し、日本で初めて5G Stand Alone(5G SA)を使ってライブビデオを放送することになります。

このイニシアティブは同日午後7時から放送される予定のヒップホップチャンネル「ABEMAMIX」の一部として実装され、5G SA互換スマートフォンとネットワークスライシングを活用した安定した映像中継を提供する予定だ。 さらに、KDDIは2022年2月21日に企業顧客向けの5G SAサービスを開始します。

– 企業顧客に5G SAを提供

KDDIは2020年にNon-Standalone方式で5Gサービスを開始した。 5G SAはCore設備を含む5G技術だけで通信が可能なシステムである。 5G SAは、高速および大容量通信に加えて、ネットワークスライシングなどの新機能の実装を可能にします。 伝統的に有線を使用していた産業に5G SAを導入すると、無線技術を使用して運用効率を高め、コストを削減できると期待されています。

– このイニシアチブの概要

ABEMAで生中継した映像の一部は、5G SA対応スマートフォンで中継されます。 映像中継時、都心など人が集まる場所でも中継用映像伝送品質確保が必要だ。 5G SAは、大容量映像伝送はもちろん、ネットワークスライシングによる中継用通信を論理的に分離し、他の通信の影響を受けない安定した映像伝送を可能にする。 今後、KDDIは中継設備を簡素化してコストを削減することを目指しています。 スマートフォンのマルチアングルリレーを通じて実感できる新しい映像体験を実現します。

今後もKDDIは映像中継のDXと新たな映像体験の実現を支援しつつ、5G SA時代のための企業向け事例及び新規サービス創出のための努力を継続します。エンス。

Cyber​​Agentでスタジオ施設を担当するYusuke Masuda氏は、
現在、4G LTEで安定した伝送が不可能な場合、専用機器と回線を結ぶなどの措置を取っているが、KDDIは予備映像中継テストで5G SAのネットワークスライシングが過重な状況でも安定した伝送が可能であることを立証できた。 私たちが予想したよりも効果的なラインロード。 KDDIの5G SAが今後の会場で生中継する時、視聴者に安定した高品質映像を提供すると期待を集める。

READ  AdobeのFlash Playerの最後のアップデートを行うキルスイッチ発動して、20年の歴史にマクウルガ下さ - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close