Ken Akamatsuは、日本の議論が多くの請求書システムを停止できないと述べた。

Estimated read time 1 min read

漫画製作者で国会議員になった彼は、今年10月に発効する法改正に総力を傾けています。

漫画家が国会議員になったが、 ケン赤松 議論になっている日本の新しい請求書システムに対するしっかりした反対のプラットフォームでキャンペーンを繰り広げながら、この問題に対する彼の最近のコメントはより測定的です。 先週の金曜日、彼は、システムが発効するのを防ぐか、遅らせる方法で法律を変更するために「ハードルが高い」とTwitterに書いた。 代わりに来年10月施行以後問題が生じれば法を変えることに集中する。

「党税制研究会内部でも演技や中断しようという意見が強い。 [the invoice system]」と彼は書いた。 「しかし、少なくとも立法的な観点からこれを達成するためには、障害物は高いです。 私はその問題を議会議長に委任しています。 来年10月施行以後、制度に問題が生じれば法を改正する」と話した。

彼は、その後のツイートで、請求書システムに反対する産業界がシステムを完全に中断できない場合、脆弱な市民の被害を減らしてほしいと請願していると付け加えた。 これを裏付けるために、彼は財務省とも交渉中だと述べた。 その結果、3年間販売税を20%に制限する折衷案に達した。

しかし租税関係者たちは行動する意欲が全くない」と話した。 「私たちができることを探している間、私たちは根本的な問題である業界全体の賃金の上昇を解決するために出版社や他のグループとの議論を始めました。」

自由民主党 発表 所得1000万円(約7万3500ドル)未満の小商工人に対する課税率を3年間20%に緩和すると11月30日明らかにした。 自民党税制研究会議長の宮沢洋一(Yōichi Miyazawa)は、請求書制度が遅れないとメディアに明らかにした。

新しい請求書システムでは、請求書に消費税が課せられるため、フリーランスおよび個人事業者は免税資格を失います。 マンガ業界の調査によると、回答者の98%が個人事業者であり、そのうち20.6%が請求書システムによって事業を折りたたむことを恐れていると報告しました。

このシステムは個人のプライバシーを侵害するという議論もある。 請求書は、個人が本名を使用して送信した場合にのみ「確認済み」と見なすことができ、名前は国のデータベースを介して一般公開されます。 これは、漫画家や仮想YouTubeのように、実名を非公開にしようとする労働者に問題を引き起こします。

システムの非人気にもかかわらず、登録されたユーザー数は増加しています。 国税庁で請求書システムを管理するTetsushi Shimonoによると、10月末現在、このシステムの登録ユーザーは143万人で、9月末より228,000人増加しました。 毎月約200,000件の新規登録が受け付けられます。 課税対象事業体が300万個と推算されるため、すでに登録されている企業は半分にもならない。

源泉: ケン赤松のTwitter アカウント ~経由 ヤラオン!

READ  兵庫の新型コロナ感染者新たに16人、1人が死亡 - 神戸新聞
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours