スポーツ

Kereviは、オーストラリアのセブンスチームを作り、Greenは脱落しました。

Rugby Union-Rugby World Cup 2019-Quarter Final-England v Australia-Oita Stadium、Oita、Japan-October 19、2019 Australia「s Samu Kerevi in action REUTERS / Edgar Su / File Photo

シドニー、7月2日(ロイター) – 全ワラビーのセンター事務せレヴィが東京オリンピックのためにオーストラリアのラグビーセブンスメンバーに含まれていましたが、エラグリーンはリオで優勝したタイトルを防衛する女子チーム選抜を逃した。

過去ラグビーワールドカップ以降、日本に移住したが、今年の初めセブンスプログラムに参加するためにオーストラリアに戻ってきた皮脂生まれせレヴィは土曜日、東京に向かう12人のパーティーに名前をあげた三人の無人戦闘機の一人だった。

また、フィジーで生まれたフライングウインググリーンは5年前に最初の女性の金メダルを取ったが、連続的な負傷で彼女のトーナメント進出を妨害したとき、オーストラリアの優れた選手の一人でした。

別のリオの金メダリストであるクロエダルトン(Chloe Dalton)は、頬骨骨折のために脱落したが、シャーロット城リック(Charlotte Caslick)と共同キャプテンであるシャニ・ウィリアムズ(Sharni Williams)とシャノンパリー(Shannon Parry)は、オリンピックのタイトルを守るために復帰する人々の一つです。

「これはコーチとしてのキャリアの中で最も困難なチームを選択コースのいずれかであった。」と女のコーチJohn Manentiは言いました。

「コーチとして、私たちは、最高の成果を出すチームを選択し、いくつかの決定は、大変だったが、最終的に私たちは、最高のロケーションにあるチームを選択しました。」

オーストラリアの女性は、開幕ラウンドフル段階で、米国、中国、ホスト日本と対戦し、人は、ラウンドロビンで共同好むニュージーランド、アルゼンチン、韓国と対決することになる。

男子チームはモリスロングボトムとディラン血に値で二人のオーストラリアのアボリジニで構成され、これらはすべて日本でのオリンピックデビューをする予定です。

女性チーム – シャノンパリー、シャニ・ウィリアムズ、フェイスネイサン、ドミニク後トイ、エマ利根川土、エヴァンニアフェルライト、シャーロット城リック、マディソンアッシュ雨、ティアハインツ、サリアパキ、デミヘイズ、マディソン・レヴィ

男チーム-Lachlan Anderson、Joe Pincus、Dylan Pietsch、Nicholas Malouf、Henry Paterson、Maurice Longbottom、Joshua Coward、Joshua Turner、Lachlan Miller、Samu Kerevi、Dietrich Roache、Henry Hutchison

Nick Mulvenneyのを見て、Jane Wardellの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  女子代表はShe Believesトーナメントでは、米国、日本、カナダと対戦します。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close