スポーツ

Kereviは、日本のトップリーグでそれを殺し

前ワラビースブジュジャン事務せレヴィが日本のトップリーグ第3ラウンドで強力な活躍を広げ、オーストラリアで指名手配に残っている理由をもう一度見せてくれました。

ワラビース監督デイブレニーの海外ベースの選手の間でさせレヴィはサントリー崇スパイダーアスが宗像サニックスブルースを75から10に抜いて2回の試行をしながら当惑した。

3試合で4回の試行でブロックバスターセンターKereviはAll BlacksのプレーメーカーBeauden Barrett外走る生活を楽しんでいます。

日本で2人の見事な姿を見せてくれています。 KereviとBarrettは今年末Bledisloe Cup間の反対側で簡単に会うことができます。

Kereviと同様Barrettは3回の出場でSuntoryの2回目の試みを記録し、25ポイント一人10回のコンバージョンを記録した。

サントリーが大会レッド会議で最大15点を記録したのに対し、前ワラビース監督ロビーディーンスキヤノンイーグルスを47-0で下しホワイト部門を率いたパナソニックワイルドナイツのような成績を収めました。

Wild KnightsはQueenslandから生まれたNo.8 Jack Cornelsenのオープニング試みで勝利に向けた出発を始めました。

Deansのチームは元ジュニアWallabiesセンターDylan RileyとゆるいストライカーEsei Haangana、Cornelsenとオーストラリア生まれの日本代表Ben Gunterを守備し、元オーストラリア出身の20代以下のフルバックSemisi Tupouが途中出場だった。

名古屋でワラビーの主張マイケルフーパーはサイモンクローネ監督のトヨタヴェルブリッツホンダのヒットを45-3で制して3連覇を記録し、初めてトップリーグに進出しました。

フーパーはオープニング55分前に前オールブラックの船長キーラン・リードに交換される前にVerblitzが競争の主要なファンのいずれかとしての地位を強調しました。

Cronは苦労するNSW WaratahsがRob Penneyコーチを排除するように選択すれば、シドニーに戻る人気のあるファンになります。

前Waratahの助手コーチング技術は、HooperとReadすべてが今週、国際メディアと話したとき、高い評価を受けました。

ラウンドの最も激しい試合で前メルボルン反乱軍の監督であるダミアン・ヒルは、死亡を拒否した。 オールブラックスのハプベクTJペレ国が80分に得点してNTTドコモレッドハリケーンズに22-17勝利を収めました。

Queensland兄弟MattとIsaac Lucasを守備したHillのRicoh Black Ramsは70分後に17-5で敗れてレベルを壊しました。

ワラビース5-8位バーナードポリは東京で未使用の選手に休みの日を送った。 久保田スピアーズがNTTコミュニケーションズシャイニングアークを相手に34-24の勝利を収め無敗出発を続けました。

2019年のファイナリストは、常に制御を行ったが、シャイニングアークス記録した3つの試行でボーナスポイントを受け取っていないし、そのうちの一つは、前ワラビーの側面選手リアム長終えた。

READ  オールスターゲームは、新しい家、Harveyの新しい試みが必要になります

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close