スポーツ

Kevin Millarは、2004年にレッドソックスの遺産とTrevor Storyが「うまくいく」と考える理由について議論しました。

レッドソックス

Millarは2003年にボストンに来たことを「私の人生で起こった最も偉大なこと」と呼びました。

2022年初めのゴルフトーナメント中、ケビンミラー。 Alex Bierens de Haan / ゲッティイメージズ

Kevin Millarにとって、彼が歴史的な野球チームの一員だったという事実は決して古くはありません。

2010年に選手生活から引退しましたが、50歳のこの選手は、2004年にレッドソックスがワールドシリーズを優勝するのを手助けした自分の役割についてよく思い出させ、感謝します。 これは86年ぶりにチームの初優勝でした。

Millarは最近のインタビューで、「誰もがいた場所について話しているので、すべてを吸収する機会を得ました」と説明しました。 ライバルYankeesを相手にした壮大なアメリカンリーグ選手権シリーズの復帰状況と一緒に世代にわたる選手権の干ばつを終える結合された影響は、ボストンスポーツヒーローとしての彼の位置を(チームメイトと一緒に)強固にしました。

Millarは「終わらない話がすごいです。「私たちはありがとう。私たちはあなたがそれをしているかどうかわからない人の多くに触れることができました。あなたは野球をしているだけです」

もちろん、Millarのキャリアパスは簡単に異なる場合があります。 2003年にレッドソックスと契約する前に、彼は最初に日本のChunichi Dragons(当時フロリダ・マリンズによって売却された)に参加する予定でした。 必要なのは、Millarが権利放棄を取り消すことだけでした。 これは形式的なものとみなされました。

28歳の1年生の団長であるテオ・エプスタイン(Theo Epstein)が率いるレッドソックスは、MLBチームが日本に行く選手を妨げないと仮定された「不文率」に違反しながらミラーを主張した。 Red Sox、Marlins、Dragonsがすべて解決策を交渉しようとしたとき、小さな議論が続きました。

一方、ミーラーはパニックにならないように努力した。

彼は「死ぬほど怖かった」と回想した。 「なぜなら [the Dragons] 怒り、レッドソックスは取引を実現するのに十分努力しました。」

幸いなことに、ボストンは辛抱強く、最終的にすべての当事者が条件に同意した。

ミラーはレッドソックスと契約したことについて「私の人生で起こった最も偉大なこと」と述べた。 彼の優しくて楽天的な性格は、数十年の短い時間の終わりについに優勝を獲得したこの地域で依然として愛されるチームに肯定的な影響を与えました。

そして、Millarがテレビアナリストとしての2番目のキャリアを築くのを助けたのは、彼のトレードマークであるユーモアのセンスでした。 2011年以来、彼はMLBネットワークの「意図的なトルク」の共同進行役として活動しています。

Millarは現在、自分の役割について「面白い」と言いながら、打者席からスタジオへの移行が見た目よりも荒いと認めました。

「彼らはあなたが終わったらテレビを作る方法を教えてくれない」と彼は言った。

「私たちが11年間続くとは言わなかったでしょう。 私が何をしているのかわからなかったので、2ヶ月で解雇されると思いました。」とMillarは冗談を言いました。 「私はただ自分になるだけでした。 私たちのショーは有機的で、まだ有機的です。 間違いも完璧でもありませんが、それが魅力です」

アメリカン・リーグの東部地域で最下位のレッドソックスの現在の姿を見て、Millarは遅い出発にもかかわらず忍耐を促しました。

彼は憂鬱なシーズン初めの分析に言及し、「今見ると、空はソックスの国に崩壊しています。 「しかし、私たちが常に覚えておくべきことは、今シーズンが長く、多くのことが起こり、年初にすべてが拡大することです」

Millarはまた、Trevor Storyが最終的に解決するためにFAと契約することを支持しました。 Storyは2022年初頭に1億4000万ドルで6年契約でRed Soxと契約しました。 これまで、彼は21試合で0.210のホームランを記録しました。

「Trevor Storyは大丈夫でしょう」とMillarは安心しました。 「この種のより大きな取引に署名し、この大きな市場に来たら、あまりにも多くのことをやろうとしています。 それから「ちょっと、ちょうど私に過ごしましょう」のように深呼吸をするだけです。 そして、ある時点でそんなことが起きたら大丈夫だと思います。 そして、夏にFenway Parkでやっているように、野球ボールを打ち負かして敗北し始めます。」

READ  角田裕毅、少ない5周年となったレース6位入賞ランキング3位に浮上/ FIA-F2、ロシア大会のレース2[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close