エンターテインメント

King Gnu気迫の性能に魅了最初のオンラインライブ(ライブレポート/写真27枚) – 音楽ナタリー


9265

ヌワンキャリアの最初のオンラインライブ “King Gnu Streaming Live」の模様が、今日8月30日にStagecrowdに伝達された。

ヌワン(写真:伊藤康介)

大きいサイズで見る(全27件)

今年1月に発表した最新アルバム「CEREMONY」を持って、2月下旬から初のアリーナ公演を含む全国ツアーを開催予定だったKing Gnu。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、全体公演の開催を保留することにより、今回のオンラインライブが「CEREMONY」発売後初のワンマンライブとなった。

常田大希(Vo、G)(Photo by Kosuke Ito)

常田大希(Vo、G)(Photo by Kosuke Ito)[확대]

定刻20:00を迎えると、画面に「King Gnu Streaming Live」の文字が。続いて、映画のオープニングのようにメンバーの名前が流れKing Gnuのロゴが大きく映し出された。そして、盛大に煙が立ち上る中、「Flash! !!」ライブの幕が上がる。 常田大希(Vo、G)の軽快なカッティングギターと挑発的な叫び、井口理(Vo、Key)のハイトーンが渾然一体となって、瞬く間にスリリング歌の世界が構築された。

井口理(Vo、Key)(Photo by Kosuke Ito)

井口理(Vo、Key)(Photo by Kosuke Ito)[확대]

既存のライブであれば、観客に向かって演奏をしている4人だが、今回はバンドのロゴをあしらった巨大な看板を中央に置いて、向かい合っスタイルパフォーマンスを披露した。 「Flash !!!」作り出した勢いを踏襲するように、4人は「Sorrows」になだれ込みタイト演奏を繰り広げた。 カメラは、会員拡大備えかというと、ステージを俯瞰することができるように映像をカット4人プレイを様々な角度から映していく。 井口が「サンキュー」と視聴者に向かって挨拶を食べた後には、「Vinyl」に。 井口は新井和輝(B)勢喜遊(Dr、Sampler)の生成太いグルーヴに身を任せるように、体を横に振っ明声を響かせた。 井口が2番目の “サンキュー”をつぶやけば、他のメンバーから思わず笑いが漏れる。 それを受け入れる彼 “センが空振りする」と不平をことを受け、常田と新井もこれに同意するようなことを言った。

青い照明が舞台を染色で披露した「傘」に続いてたのは、「It ‘sa small world」 ささやくように歌う井口横から常田と新井が笑いながらコーラスを加える姿が流れ慣れていない状況の中でも、ライブを楽しんでいるが、画面を介して伝えられた。 また勢喜の独断空間とも言えるドラムソロで「Overflow」に切り替えた。 この曲では、常田のノイジーなギターと井口の感性的な声が絡んでいた。 そして常田がギターをチューニングする音がかすかに聞こえた後、しばらく静寂が見つけスムーズ「百日」が始まる。 画面には、常田と井口が視線を交わし声を重ね姿が浮かんでカメラ真剣に音を紡ぐ会員の表情をゆっくりと追っていく。 最後に、4人ひどく楽器の音を演奏深く長い余韻を残した。

新井和輝(B)(Photo by Kosuke Ito)

新井和輝(B)(Photo by Kosuke Ito)[확대]

後半に入る前に井口が「こんなライブの話か分からない……すごく難しい」と流すその言葉に新井も「常にライブで、このような働いていたようだ」と返し場面も。 また、井口の「大喜と向き合う久しぶりすぎぎこちない」という言葉について常田は「しかし、良い距離感だ。このように、簡単じゃない? “新鮮フォーメーションについて言及した。 一方、勢喜1人リラックスして楽しむことができる形態で、「すべての緊張感についていけません。 」と口にした。

勢喜遊(Dr、Sampler)(Photo by Kosuke Ito)

勢喜遊(Dr、Sampler)(Photo by Kosuke Ito)[확대]

ライオンはい様ともいえるトルクを経ブロックでは、常田低い声と井口のハイトーンのハーモニーが印象的な「Prayer X “勢喜の繊細さとダイナミックさが共存するリズムが軸担当” Hitman」などバラードとミドル調整が続く流れ。 「The hole」は、常田演奏する壮大なキーボードの音色、目を閉じてて歌井口の切なる歌曲の展開と迫力を増加新井と勢喜のリズムが一つになって真剣な空気が作られた。 その後、「Slumberland」のものものしいイントロが流れると同時に常田は、キーボードの前に離れて拡声器を手に行進「歌!」と挑発気味歓声をエクスポート。 また新井、井口、勢喜のそばに順次足を運んだかというと、カメラに鋭い視線を送って観客を煽った。 しかし、歌が終わると、「この歌の後、静かだと寂しい……」とぼそり。 井口も「下北で一時くらいじゃないの?」と過去のライブを考えていた。

4人を俯瞰するようなカメラワークでビロトドゥェンヌン「飛行艇」のカメラはゆっくりと旋回するようにメンバーたちの姿をやめ、音楽が持つ壮大なメッセージを表現する。 続い勢喜カウントで常田と井口が息の合った交渉を繰り広げる「どろん」が始まった。 クライマックスに向かってメンバーの楽器を渡す手つきや浮かべる表情もますます気合が広がっていく。 スピード感のあるサウンドに合わせて、カメラの動きも激しくなりながら臨場感あふれる映像を視聴者に伝えた。

「King Gnu Streaming Live」の様子。(Photo by Kosuke Ito)[확대]

「King Gnu Streaming Live」の様子。(Photo by Kosuke Ito)[확대]

「このセトリ難しい……」思わず本音を吐露したのは、新井と井口。そう言いながらも、二人は笑顔で井口は「最後の1曲ですね。 やっと楽しくて感覚がつかみ始めた程度」と物足りなさそうです。そんな言葉から始まったライブでは欠かせない「Teenager Forever」井口はカメラに向かって笑顔を見せ、視聴者のシンガーロングを要求するようにマイクを上げた。 その姿を前に常田も楽しそうな表情を浮かべて新井と勢喜電力で楽器を演奏し、躍動感あふれるアンサンブルを醸し出す。 曲のクライマックスで盛大に花火と煙が勢いよく上がり、1時間10分に達するKing Gnuにおける最初のオンラインライブはフィナーレに。 会員は、「ありがとうございます!寂しい」と率直な思いを口にしながらも、満足感に満ちた表情で舞台を後にした。

また、ライブ映像は、9月1日23:59まで保管視聴が可能である。 配信チケットは明日8月31日23:59まで販売されている。

この記事の画像(合計27件)

King Gnu “King Gnu Streaming Live」2020年8月30日のセットリスト

01.フラッシュ!
02.悲しみ
03.ビニール
04.傘
05.小さな世界
06.オーバーフロー
07日、
08祈りX
09ヒットマン
10.穴
11.スランバーランド
12.フライングボート
13.どろん
14.十代永遠

一覧

King Gnuの他の記事

READ  「都市まんじゅう」の全貌が明らかに現実と仮想が交差する不可逆性SNSミステリー「Project:; COLD」始動| PANORA

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close