エンターテインメント

King Gnu “押しミーレパーク(仮称)」歩いている動画公開、内覧会レポートも(内覧会レポート/写真37枚/動画あり)


1470年

今日10月21日から2021年1月31日まで、東京Ginza Sony Parkから事前予約制の展示会「#014押しミーレパーク(仮称)DIRECTED BY PERIMETRON」が「開園」である。 これに先立ち、昨日10月20日メディアのための内覧会が開かれた。

“#014押しミーレパーク(仮称)DIRECTED BY PERIMETRON」を発見したKing Gnu。

大きいサイズで見る(全39件)

“#014押しミーレパーク(仮称)DIRECTED BY PERIMETRON」を発見したKing Gnu。[확대]

“#014押しミーレパーク(仮称)DIRECTED BY PERIMETRON」はGinza Sony Parkがヌワンとmillennium paradeを協力者に迎え開催される展示企画彼らのアートディレクションを担当クリエイティブラベル・PERIMETRONが本展示会のディレクションを手掛けKing Gnuとmillennium paradeのミュージックビデオとアートワークの世界をさまざまな方法でGinza Sony Park内外で再現している。

「押しミーレパーク(仮称)」の巨大なオブジェ。[확대]

まぶしい活躍をしながらも、まだ途中経過のKing Gnuとmillennium paradeは、新店舗オープンのために建設中であるGinza Sony Park。 今回の展示では、協力者2条舞台となるGinza Sony Parkに共通する「工事中(=未完成一時的な状態)」をキーワードに、プログラムが展開される。 「押しミーレパーク(仮称)」の表示は、数寄屋橋交差点で存在感を放つ、King Gnuとmillennium paradeロゴが合体した巨大オブジェ。その内側には「王牛宴」「千年祭」紅白の大きな旗がはためくである。巨大なオブジェの横を通って一歩を進めると、「押しミーレパーク(仮称)」のロゴと「工事計画の概要」を披露する。 そのすぐ下にある階段を降りていくと、インフォメーションカウンターに到着する。

“#014押しミーレパーク(仮称)DIRECTED BY PERIMETRON」内覧会の様子。[확대]

受付を終えて、まず目に入るのは、グラフィックTシャツアーカイブ展示コーナー。 色とりどりの素敵なTシャツが正方形のキャンバス型になって、図のように飾られている。 その場合には、グッズショップ・GNU-MILLEPARK SHOPカプセルトイコーナー。 カプセルトイは数量限定のため、入場時に実施する抽選で当選された人だけが購入することができる。 ショッピングの右手には、これまでKing Gnuとmillennium paradeのMVに登場したPERIMETRONによる制作物が展示されている。 ここでは、King Gnu「飛行艇」のMVに登場する少年の仮面とマント、millennium parade “lost and found」のMVで使用された衣装などを見ることができる。

“#014押しミーレパーク(仮称)DIRECTED BY PERIMETRON」に展示されている「MUSIC VIDEO COLLECTION」[확대]

“#014押しミーレパーク(仮称)DIRECTED BY PERIMETRON」で体験できる「Fly with me LIVE 3D”[확대]

B2FはKing Gnuとmillennium paradeのMVが44個のテレビモニターで上映展示されている。 テレビモニターで複数のペダルが成長しており、そのペダルを足で踏むMVを切り替えることができる。 この展示では、隠されたコンテンツも含まれているため、訪問者は、実際にペダルを踏んで確認してください。 ミュージックビデオのコレクションの横にはKing Gnuとmillennium paradeジャケットのアートワークを帯びたアルバムのジャケットに用意されて展示されている。 その向かい側には、この展覧会のハイライトの一つである「Fly with me LIVE 3D」の空間が。 ここで2019年に開催された「 “millennium parade” Launch Party !!!」で「Fly with me」の性能にリリースした「Fly with me」の3D映像が更新されたソニー独自開発した超高解像度Crystal LED大型スクリーンで上映される。このコンテンツの上映時間は5分、各回20名の交換ゼロ、迫力ある3D映像とサウンドを楽しむことができる。

付加展示された飛行艇の少年BOYの巨大なオブジェ。

付加展示された飛行艇の少年BOYの巨大なオブジェ。[확대]

「飛行艇」のジャケットに登場する「飛行艇少年BOY」が巨大なオブジェが展示されている階段を降りてB3Fに移動すると、そこには「Fly with me」のティーザー映像で描かれたゲームの世界を再現したアーケードゲームが並んでいる。 MVの世界とシンクロストーリーのこのゲームは、受付時に抽選で当選された人だけプレイすることができる。 millennium parade “Plankton」のMVの世界観を再現したインスタレーション「IN TO THE PLANKTON」はMVはCGで描かれた赤い車を実物で再現。MVに登場する看板なども掲出ている。

B3FとB4Fをつなぐ階段はKing Gnu「Slumberland」のMVに登場する人形が位置。 不気味な雰囲気傀儡を横目で階段を降りていくと、一方の壁に展示された佐野凛由輔による巨大な壁の芸術を見ることができる。

左から経誠氏森洸大さん、佐々木家さん、長野大輔氏。

左から経誠氏森洸大さん、佐々木家さん、長野大輔氏。[확대]

また、内覧会では、PERIMETRONプロデューサー/クリエイティブディレクター佐々木家さん、アートディレクター/デザイナーの森洸大さん、デザイナーのラフ誠さん、そしてソニー企業株式会社代表取締役であり、Ginza Sony Parkプロジェクトを主宰する長野大輔氏のトークセッションが行われた。 懇談会佐々木氏は、この展示のキーワード「工事中(=未完成一時的な状態)」について、「Ginza Sony Parkは今工事中のところが多く、私たちもまだ世界観を開けなかった広げ見えるほどの自信がない。 現在の最大のクリエイティブをB1FからB4Fの広い空間で表現するなら、「工事中」という程度下手出もいいかなと思いました」と展示のコンセプトについて語った。

森洸大氏

森洸大氏[확대]

森は、すでにSNSなどで話題を集めている東京メトロ銀座駅からGinza Sony Parkに来ている」押しミーレパーク(仮称)」のアドビラについて言及した。「学生時代のクラスに問題が発生したとき、それを解決することは明るく愚かなやつか根暗だ芯のある人だと思って。 そんなやつらが状況を変えることができないだろうかと。2020年は、コロナの状況などもあり、様々な問題に直面していたのですね。 だから都市でクリーンなイメージ銀座と相反する通りのコーナー落書きのようなものをモチーフに製作してくれました。 」と広告デザインに込め考えを述べた。長野さんも「街にはリズムが必要なんです。 銀座ブランドショップが並んでお高く見える距離であるが、それだけが面白くないと思うGinza Sony Parkを作りました。 だからその適切な広告展開の種類を知っていながらも、ドレスダウン感はとてもわかります」と森に共感した様子だった。

新井誠

新井誠[확대]

佐々木家さん

佐々木家さん[확대]

「IN TO THE PLANKTON」ブースに置かれた車両のアートディレクションを手がけた経氏は、「MVはCGだった車両の実物が展示されている場合、面白いと思いましたが、なかなか同じような車両を見つけることができない。一生懸命探してくれやっと見つけたか細かく傷付けるか、またはステッカーを貼ったりこだわって作りました。近くで見たいと思います」と、自動車へのこだわりを語った。展示全体の見どころについて佐々木さんは「予約制、部分的には、私たちの世界を知っている人が来る前提にスペース作成をしました。 私たちの作品を知っている人は、必ず「こんなところにサインが隠されたマニフェスト!」と発見があると思います。 あちこちに散らばっているディズニーランドで言う隠れミッキーのようなものを見つけてほしいですね。 通路一つは非常に我々が手がけたグラフィックの一部な部拡大するような感覚で見ていただければうれしいです」とコメント。 森はPERIMETRONの作品を一緒に作っている照明チームが制作した照明をはじめ、普段作品制作を一緒にすることが、チームで作り上げた空間ごとに楽しんでもらうと述べた。

Ginza Sony ParkのYouTubeチャンネルでは、King Gnu会員が「押しミーレパーク(仮称)」を一歩先に楽しむ姿などを収めた映像が公開された。特設サイトでは、「押しミーレパーク(仮称)」を、仮想の散歩することができあるVRコンテンツとARフィルターを通過中。

この記事の画像・動画(全39件)

※記事初出時、個人の名前が間違っています。 謝罪し訂正します。

King Gnuの他の記事

READ  「OCTOPATH TRAVELER大陸の覇者 "メインストーリー"財産を極めたした者」のティーザー映像が公開。 ヘルミニアのCVは田中敦子さんが担当

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close