エンターテインメント

KinKi Kids、デビュー当時は「今世紀最大の暗いグループだった」| 私蝶ニュース

アイドルデュオKinKi Kidsがカーンテレ・フジTVバラエティ特番「新春大売り出し! さんまのまんま」(1月2日15:45〜18:30)に出演。 このプログラムで25年ぶりに登場する。

KinKi Kidsは藤原竜也に合流する形で参加。 明石家さんまは藤原とKinKi Kidsの3ショットを見言う “見て、この落ち着き払ったベテラン」と笑ってしまう。

堂本剛が過去牛ジョージとサンマのプログラムに呼ばれた若い頃を回想」すごく緊張した。TVで見た二人の間に何を話したらいいか」ゴハジャさんまは自分が持っている剛の画像との違いにびっくり。 剛がサンマを「国のように言う人はいない」ゴハジャ、堂本光一も「同じ国でも、他のですね。 剛はとてもゆっくり話す」と比較する。

かつては、故ジョニー – 北川氏も「早く言い方してください!なぜそう暗いよ!?」と怒られたことがあると明らかに剛。 光一も対処するため、「今世紀最大の暗いグループだったと思うので、無理にテンションを上げていた」とデビュー当時の姿を言う。 また、「今でも忘れられない」と初の武道館公演でのハプニングを想起した。 光一の衣装チェンジの間のMCを一人で担当した剛が光一を驚かせた、まさか行動は。

光一がギフトとしてインポートされたのは、最高級のトイレットペーパー。 前ムロ剛がゲスト出演した際、サンマにプレゼントして話題になった “高級トイレットペーパー」を上回る代理とする。 “”ハック “と声出」という光一の説明にサンマも興味津々である。

剛のお土産は、インテリアにもなる素敵なティッシュケース。 インテリアにこだわりのあるサンマはお礼に剛にある物をプレゼントすると宣言。 「それは到着した瞬間に泣いていませんか?」と剛が感激してしまうギフトは。

録画を終え剛は「もう本当に気持ちよく眠ることができるでしょう」とさんまとの交渉を満喫した様子。 今までティッシュケースティッシュ補充する剛を続け材料できた光一が「さんまさんがおっしゃった一言ですべてを正直に飛んでいたんですね。 材料も何もないてしまいました」と言えば、剛も「今までと “ああ、笑いモンスターが出てきて、また出てきてんじゃないの。 おもしろい」と考えていた、今は「ティッシュケースおじさん」だと思って」とさんまことを喜ぶと述べた。

そして剛は「普段、私たちが目に見えず、小部分が出ていたと思いますので、その辺は楽しめるかと思います。」と見どころをコメント。 光一も「さんましか発揮できない二人の顔として、そのような部分が含まれた時間だと思います」とアピールした。

このほか、北川景子と中村倫也、バドミントン世界ランキング1位の桃田ケント選手と今田耕司広瀬アリスなどが出演する。

KinKi Kidsのコメント全文は次の通りである。

– さんまさんとの収録を終えての感想を教えてください。
ただし:緊張したが、さんま休憩いたします気を使って話してくれたと思いますが、60超えたおじさんが台無し日後にあんなことをカンタン話の後に言いたいことが全部飛んでしまいました。

光一:この物語は、私としては材料だったんですよ。 「この!剛くん一人で住んでいるのに、なぜ40を超える男がティッシュケースわざわざティッシュを交換?」「誰のためにやっているんですね」と言う。

ただし:「いや、自分のためにそのようなことをやっているんですね。ええじゃない」

光一:実際には、ここで「ランチョンマットもかかっているんですよ、コイツ」と(笑)

ただし:「ランチョンマット、どうしてひくん?」「フライパンのまま食べるたらええそんなこと」

光一:という展開の材料であったようですね。 これを考えていたが、サンマさんがおっしゃった一言ですべてを正直に飛んでいたんですね。 材料も何も失われてしまいますね。

ただし:すべての白です。 ファーストコンサートだけ(笑)

– 光一さんはどうでしたか?

光一:続いソフト編勝ったのですが、また、柔らかさがついており、感じがありました。 ジョンバンウィウル向かっ気持ちよくさせて頂く分であるので。 コメディアンさんの鏡ですね、今更だけど(笑)

ただし:実際には、サンマさんが40代くらいのときどんな風であることを大切にして生きているか、その頃、モットーやていることもしましたか? とか、いろいろ聞こうと思いましたが、すべてはティッシュケースで…

光一:いや、あまりにはねるだね。

ただし:昨日もさんまのレギュラー番組を見ていたが、笑いモンスターじゃないか。 今までと “ああ、笑いモンスターが出てきて、また出てきているんじゃない。面白い」と考えていた、今は「ティッシュケースおじさん」と考えてください。これだけのキャリアを積むされた明石家さんまはすごい人があんなことをしていてと驚きがいましたが、何かが納得(後)に落ちたのか。そういうこともする人だから、いろんなことについて緻密に仕事をしていて、トークゲストとスタッフのことを考えたりしているんだなと思いました。

光一:愛があふれだろうか。

ただし:もう本当に気持ちよく眠ることができるでしょう。

– 最後に、視聴者にメッセージをお願いします。

ただし:この機会を与えられたことで、今日は私たちのファンにも、普段見ない私たちの一面を見ることができるだろうなんですよ。 さんまと話すから出る二人というのがありました。 さんまがスゴイからKinKi Kidsの人間性を導いてくださる。 だから私たちも楽しく話してくれました。 普段私たちが目に見えず、小部分が出ていたと思いますので、その辺は楽しめるかと思います。

光一:私たちもそれなりに長い間、この世界にいますが、サンマさんとお会いする機会はそう多くはないが不思議 “お久しぶりです」という感覚もない。 それはさんまが継続テレビに出ておられ、一方的に見ているからだと思います。 だからリラックスさせてくれて、素直に自然な自分でいることがあったが、さんましか発揮できない二人の顔というか、そういう部分が込められた時間だと思います。

READ  「Marvel」s Spider-Man:Miles Morales "、日本語音声の出演声優を発表した。発売トレーラーも公開

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close