エンターテインメント

Kis-My-Ft2「BE LOVE」Twitter、世界のトレンド1位!玉森&宮田BLドラマ「よくここまで」と興奮の声続出(2020/10/18 08:00)|西条ウーマン

[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

2020年10月18日08:00

西条ウーマン編集部

このような進化を遂げるのは誰予想しましたか?

Kis-My-Ft2・玉森裕太と宮田俊哉が主演を引き受けたドラマ「BE LOVE」が、10月16日から動画配信サービスdTVで配信開始された。 Kis-My-Ft2の冠番組「キスマイどきどきん! 「(この)ドラマ企画第1弾として制作されたもので、男性同士の恋愛を描いた作品。初回を見たファンたちは “純情漫画みたい!」「思わず声が出てしまった」と興奮気味の感想が相次いだが、本人にも忘れられない経験になったようだ。

今回の作品は、玉森と宮田によるユニット曲3部作「BE LOVE」(2015年)、「星に願いを」(18年)「運命」(20年)を基にしたラブストーリーで、二人も脚本監修に参加します。絵本作家の「玉森裕太」とその編集者」宮田俊哉「この絵本を完了するためのビーチリゾートで真夏を送って話だが、ある日玉森が交通事故で突然別れ訪問……のような展開だ。 ドラマは全4話で16日午後10時に第1回が配信スタート。 その前日の15日夜には、先行配信が行われた。

「ドラマの配信が発表された時点で、キスマイファンだけでなく、ネチズンの間でも「ジャニーズがBL作品をしながらびっくり! “”キスマイは禁断の扉を開いた」と大注目を浴びていました。劇中二人はすれば、第1話からベッドでいたずらか、またはキスをする場面も。宮田は玉森の頭を撫でて料理を作成宮田が玉森に食べさせてくれるなどあれやこれやした姿がいっぱいだった。先行配信は第1話の後キスシーン撮影風景を含むメイキング映像も公開されており、ここでも二人は仲睦まじい雰囲気でした」(ジャニーズに精通した記者)

先行配信の段階でドラマを見たファンも多く、15日のハッシュタグ「#BELOVE先行配信」がTwitterの世界動向1位を獲得。 転送中は、「これは本当に台本てる?ただプライベート映像は!?」「いつも神殿見るじゃないか。見ているこちらが恥ずかしくよ!」 「よくここまで…宮玉の本気を見られた」との感想が続々とインターネットに公開ファンは戸惑いながらも温かい目で見守っていたようだ。

一方、当事者は送信開始前に、各ラジオで撮影裏話言及。 会員の北山宏光、二階堂隆と10日放送の「Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremium」(ニッポン放送)に出演した玉森は「ベッドシーンあんの?!」と山口問われ “ベッドよりライト」と答えた。引き続き “見たいですか? 私と宮田さんのベッドシーンなんて」と尋ねると、スニーカーは「見たい!」とくわえていた。

また、玉森は「本当に攻撃したよう今回」「チュチュチュチュました」と言いながら、「我慢できませんでしたが、宮田さんのキスまた面白い。宮田さんが目をつぶって、本物の顔に今後のことも面白くて “と率直に語った。 「言わなかったことを両親もこのことは、(今は)知っていると思うけどね」ということで、家族にも秘密にしていただけに残念な気持ちがあったようだ。

一方、宮田は14日放送された「宮田俊哉萌え(萌)ヨード! ラジオ “(Fm yokohama)で

「本当にジャニーズに入って最も衝撃的なことだったかもしれないという程度の衝撃的なんとこのドラマは、私の最初のキスがあります。バラエティとかの流れとか、金などでキスのようなダチョウ倶楽部さんの金キスは、今まで経験したことがあります。しかし、ドラマで本気のキスシーン、いや、ベッドシーンは初めてです。私は今何をするか分からなくて」

ときに恥ずかしい感じが強かったと告白。 当初宮田は「キスしているように見えるが、実際にはしていないということで成立するだろうと思った」と言うが、「そんな甘い世界ではないですね」と驚いた様子。 また、「監督が「カット」と言ってくれないと、どこまでしてしまっていたかわからないほどの盛り上がりをしたが、私たち」と熱い撮影現場を振り返っていた。

1話を見た視聴者の間では、すでに「次が気になる!」と話題になっている「BE LOVE」初回を超える場合に衝撃的な場面が出てくるかどうか最終話まで見守ってドラマになるようだ。

西条ウーマン編集部

最終更新日:2020年10月18日08:00

無限の夏(最初のプレスA CD + DVD)

無限の夏(最初のプレスA CD + DVD)

READ  映画「鬼滅の日 '無限列車編観覧客特典は新作漫画0巻」煉獄ヤング巻」。 煉獄杏寿郎の最初の任務を描く - ファミ通.com

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close