トップニュース

KKR、日本のクラウドソフトウェアスタートアップに、より多くの賭け

TOKYO-米国のプライベート・エクイティ大手KKRは、日本のクラウドベースのソフトウェアスタートアップへの投資を増やす計画であり、これは投資家が、企業が労働力の不足を解決するために、デジタルサービスを継続採用すると信じている、最近の信号です。

中国ByteDance、インドネシアのGojekおよびインドのJio Platformsを含む技術のポートフォリオを保有しているKKRは、最近150億ドル規模のアジアのファンド組成完了しました。 大企業から非中核企業を買い取る戦略に加えて、日本の「成長段階」スタートアップに毎年約2件の投資をする計画だと、東京に拠点を置くパートナーヤタイがとエイジがインタビューで語った。

「勤労人口が減少することが明らかである」と彼は言った。 「生産性を高めるための技術を使用することは、長い間言われてきたが、すべての企業が、最終的にその仕事を真剣に受け止めています。 “

各スタートアップ投資は、取引ごとに30億〜50億円(2700万〜4500万ドル)になると、彼は付け加えた。

KKRは、アジアの技術投資家のチームを強化し、中国本土、香港、および東南アジアの専門家を採用している。 今月は、日本のベンチャーキャピタル会社DNXベンチャーズの管理パートナーであるAkira Kurabayashiを業界顧問に任命しました。

KurabayashiはKKRの重要な分野であるB2Bソフトウェアの分野で日本をリードする専門家の一人とYatagawaは言いました。 人的資源、マーケティングなどの特定の機能に重点を置いたクラウドベースのソフトウェアスタートアップが増加した。 Yatagawaは「それぞれの国の独自のビジネス慣行により、グローバルなツールを持って来ることが適切でない場合が多くある」と言いました。

KKRは2019年のマーケティングのソフトウェア会社From Scratchを後援して、この地域に最初のベットをしました。 同社は4月に、オフライン店舗にコードベースの決済サービスを提供するNetstarsに投資しました。 Yatagawaは伝染病が現金のない支払いの採用を加速することにより、金融技術が継続して魅力的な部門になると言いました。

日本は10億ドル以上の価値を持つ民間企業ユニコーン生産において、アジアの仲間たちよりも遅れています。 一般的に言及されている問題の一つは、スタートアップがライフサイクルの初期に上場されて収入のために成長を犠牲にする傾向であった。 KKRのようなディープポケット投資家の増加は、損失をもたらす企業が上場される前に非公開状態を維持し、運用を拡張することができます。

このような傾向は、会計ソフトウェアスタートアップFreeeと同じ大規模なIPOに続き、2019年に上場され、現在の時価総額は約40億ドルです。 しかし、性能は混合されています。 技術中心のマザーズ指数は年初以来、約6%下落しました。

KKRは、日本のスタートアップに賭けている大規模な資産管理の波に参加します。 私募ファンドのライバルであるベインキャピタルは、昨年の電子商取引、金融サービススタートアップであるヘイに6,400万ドルを投資した。 4月にGeorge SorosのSoros Capital Managementは、ピンテックスタートアップPaidyの株式1億2000万ドルを購入した投資家グループのいずれかであった。

Yatagawaは高いバリュエーションが「挑戦」と言いながら検証されたビジネスモデルを保有している民間企業は、現在公開市場の投資家から資本を誘致することができると述べています。

一つの可能​​な解決策は、会社のライフサイクルの初期段階に投資することです。 ヤタイがとはスタートアップの4番目の主要な資金調達を言及しながら、「私たちの最高の桁はシリーズD」と述べた。 「しかし、リスクを取る必要がありあり…早く行かなければならできます。 “

READ  台風10号東北地方への影響は? (日直予報士2020年09月02日) - 日本気象協会tenki.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close