トップニュース

KUSHIDA、新日本への帰還についてコメント

New Japan Pro-Wrestlingは、今週初めにKUSHIDAが2019年以来初めてプロモーションに戻り、IWGPジュニアヘビーウェイトチャンピオンの石森太二と対決しながら力を獲得しました。 元IWGPジュニアヘビーウェイトチャンピオンであり、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のファンだった彼は、New Japanで9年を過ごした後、4月に去るWWEのNXTブランドのために最後の3年を過ごしました。

では、なぜKUSHIDAはニュージャパンに戻ったのですか? ジュニアヘビー級スターは、英語と日本語で書かれた長いInstagramの投稿ですべてを説明しました。

「今日、新日本プロレスと契約しました。 新日本プロレスに復帰する」と釧田が書いた。 「再び戻ってきて、新日本プロレスリングで賑わうことになって光栄です。 何人かの人々は私がレスリングしたいと言います。 [the heavyweight] ディビジョンであれブルレットクラブであれ、偽のニュースです。 今私はまだフロリダに住んでいます。 ロサンゼルスに移動しようとしています。 [sic] しかし、まだ [I’m in the] 移動中。 私は今週アメリカに戻り、来週ロサンゼルスで新しい人生を始めます。 … 願います。

「アパートに署名?英語ができますか?一日一日がとても大変で忙しいですが、できるだけ私のInstagramにアップデートするよう努力します。ロサンゼルスに住みながらレスリングをするのが私の夢でした。 [long time]。 この夢を叶えるよう努めます。 ニュージャパン、ニュージャパンのジュニアディビジョン、NJPW LA Dojoに興味をもたせるよう努めます。 旅に私を支えてくださった皆さんに感謝し、皆様のご支援に感謝いたします。 心から、クシダ。 2022年6月22日。

ファンがNew JapanリングでKUSHIDAを再び見ることができる日が間もなかった。 彼は7月3日にプロモーションに戻った最初の試合で、Alex ZayneとHiroshi Tanahashiとチームを結んで、Ishimori、Gedo、KENTAと対戦する予定です。 翌日、石森とKENTAを相手とするTanahashiとKUSHIDAのタグマッチも予定されています。

ニュースのヒントや修正はありますか? 送る [email protected]

Wrestling Inc. 速報警告に参加する

READ  トランプの最側近が相次いで感染ホワイトハウスのイベントに出席...担当記者も - 読売新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close