エンターテインメント

Kyogo Furuhashiとケルト対レンジャーズの汗は、日本の代表が国際的にアピールしながらウルルを注ぐ汗です。

日本サッカー連盟(FA)技術理事は、古橋京庫が来月予選に合流できるよう政府に懇願した。

セルティックスターはスクワッドの主戦であり、再調整された冬休みは、中国とサウジアラビアとのワールドカップ予選と重なります。

日本で新たなCovid-19制限が実施され、国家代表チームに影響を及ぼし、Ange Postecoglouが猶予されるように見えました。

彼らはすでに来月の訓練キャンプの一環として、ウズベキスタンとの親善試合にのみ国内選手を使用すると発表した。

しかし、彼らはふるはしのような海外ベースのスターが2つの重要なワールドカップの試合でプレーすることを切望しています。 つまり、彼はレンジャーズとの衝突を逃す可能性があることを意味します。

現在、日本はすべての外国人の入国を禁止しており、少なくとも来月初めまでは維持される予定だ。

しかし、日本のFA技術ディレクターであるSorimachは、外国に基づく選手団が正常な制限の一部になることを免除するために政府に特別なケースを提示します。

彼は「日本政府は私たちのカタールワールドカップ参加の意味を知らなければなりません。

「私たちは、中国とサウジアラビアとの試合のために様々な条件を交渉すると信じています。

「現在、私は祈っており、オミクロンの傾向を毎時間注視しています。」

セルティックはまた、日本国家代表の仲間であるはててレオと前田大善とも強く結びついており、どちらも古橋のような状況に直面しています。

READ  ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスーパー任天堂の世界が再び延期

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close