スポーツ

Kyogo Furuhashi:日本を救うためにセルティックに向かう窮地に追い込まれた監督 – しかし、Hibsスター男は言いたいことがあります。

古橋京とは、オーストラリアを相手に日本代表で先発出場することができる。

Graham ArnoldのSocceroosは先週傲慢を3-1で破り、11回目の予選を連勝しました。 もちろん、アジアのチームは他の地域と、より多くの予選を払わ万豪はサウジアラビアと勝ち点9でグループ1位を走っていて良い姿を見せています。

上位2人に自動的にカタール2022に進出して、日本の状況を危険にさらす作る。 彼らは先週ジェッダで1-0で敗れたが、おそらくより害するも先月ホームでオマーンに敗れ、オーストラリアとサウジアラビアを6点差で追いかけています。

登録 サッカーニュースレターに

登録 サッカーニュースレターに

日本の肇森安監督はオーストラリアとの試合で勝利しなければならないという圧力を受けており、彼の苦境から脱するためにセルティックのFWに目を向ける可能性があります。 Kyogo Furuhashiは、サウジアラビアとの試合でベンチで使用されたが、非常に重要な勝利で26歳の選手が攻撃に出ることです。

マーティンボイルは、オーストラリアで良い姿を見せてきた。

Furuhashiはスコットランドに来て以来、自分が発展したと考えており、Cinch Premiershipで相手するのと同じようなバックラインの敏捷性を使用することができます。

“[Physicality] 機能です [of Scottish football]ので、私は相手を圧倒するために私の動きを使用します。」とFuruhashiが言いました。

「ランニングを続けることができなければ嫌いで、相手のラインを下げスペースでよく受け入れてくれる選手たちがいる。

「できることは、攻撃と守備で走るものであり、攻撃では、空間を狙っ続け動かしスペースを作成し、ゴールに近づくことができる。

“前圧力を加えることが、チームに良い機会を与えると思います。」

しかし、オーストラリアは崩し難しいナットです。 彼らは最近の50打点を記録したTom Rogicにセルティックの選手が、彼らのお守りはHibsのFW Martin Boyleです。 彼はオーストラリアチームの新しい恋人であり、現時点では、二人のプレミアシップのFWの中で、来年の冬、カタールにある可能性が高くなります。

READ  Dom Rep、Volleyball Nation」s Leagueで日本との大勝に復帰

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close