LG電子が日本のショッピングモールに自律走行ロボットを供給

Estimated read time 1 min read

クロエガイドボットが日本イオンモールで歩行者と相互作用する姿が捉えられた。 (LG電子)

LG電子は日本のショッピングモールチェーンであるイオン(Aeon)2ヵ所に自律走行ロボットを供給したと10日明らかにした。

LGクロイガイドボット(LG CLOi GuideBot)というブランドの多目的顧客サービスロボットが最近、名古屋郊外のトキ(Toki)と東京から東に60km離れた成田(Narita)のイオンモールで日付を指定せずに運営を開始した。

ロボットは、前面と背面にタッチスクリーン機能を備えた2つの27インチフラットパネルディスプレイを備えています。 また、自然言語処理技術を基に、日本語、英語、中国語で歩行者とコミュニケーションできる。

LGによると、人工知能ベースのシステムにより、ロボットは複雑な小売環境で複雑な環境を探索し、障害物やエスカレーターの入り口と出口を移動できます。

ロボットはクラウドプラットフォームのおかげで、オペレータがリアルタイムでリモート監視することもできます。

これは最近、LG電子が顧客サービスロボット、食堂で食べ物を運ぶ自律走行ロボット、病院消毒ロボットなど広範なポートフォリオを通じて日本で自律ロボット足跡を拡大しようとする動きによるものだ。

ソン・ジヒョン記者([email protected]

READ  PS Portal Unboxingを使用すると、ソニーのPS5ハンドヘルドの最初の外観を見ることができます。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours