LGBTQ首脳会談、日本に差別禁止法の制定を求める

Estimated read time 1 min read

日本のLGBTQ活動家と支持者は木曜日に東京で第1回プライド7サミットを開催し、G7政府にLGBTQに対する支援と法的保護を促進し強化するよう促し、日本政府がこのイベントを開催する前に差別禁止法を制定することを促しました。 5月G7首脳会談。

日本は同性の結婚を認めないか、またはLGBTQの人々に他の同等の権利保護を提供しない唯一のG-7国です。

Pride 7 Summitの参加者は、G-7にLGBTQの人々の権利を保護し、社会全体の差別を禁止するように促しました。 ヒューマン・ライツ・ウォッチの日本局長であり、P-7の組織者であるカナエ・ドイ(Kanae Doi)は、プライド7参加グループがコミュニケ草案のフレーズを終え、4月末までに各G-7国に提出すると述べた。

P-7は広島で開かれるG-7首脳会議を控え、政策的提案をするために3月に設立された。 G7を控えて弾力がついている中で、性少数者差別禁止法の合法化は、この機会を逃したら時間を置いて見なければならないというのが専門家らの指摘だ。

Pride 7執行委員会に所属する平等権団体であるMarriage for All JapanのMakiko Teraharaは、LGBTQの人々は、生殖器の除去を含む「非人道的な」要件なしに差別禁止、結婚平等、および性別を認めるための法案を達成するために戦ってきました。言いました。 。

寺原はアジア唯一のG7国家であり、今年首脳会議の議長国である日本が差別禁止法制定など、こうした問題解決に先駆けなければならないと述べた。

テラハラは「必要な立法は、彼らがそのまま生きていくことができる最小限の要件であるだけでなく、彼らに対する根本的な差別と偏見をなくすための象徴的措置」と述べた。

木曜日の首脳会談には、G-7諸国と欧州連合(EU)の領事およびその他の上級管理者と、経済団体、労働組合およびその他の団体の議員および代表が参加しました。

人権運動家たちは、日本の保守政府が一般大衆が支持する平等権に対する推進を妨げたと言います。 日本でLGBTQへの支援は遅いですが、最近の調査によると、大多数の日本人が同性結婚合法化を支持していることがわかりました。 ビジネスコミュニティ間のサポートが急速に増加しました。

グローバル会計およびコンサルティング会社であるEY Japanの森木木田会長兼CEOは、日本が平等法がなく、同性結婚を認めていないため、他の経済に人材を失っていると述べた。 。

Coca-Cola(Japan) Co.のパトリック・ジョーダン(Patrick Jordan)は、日本に移住したとき、異性の友人の夫と妻は認められたが、夫は法的配偶者として認められなかったと述べた。

彼は「このような差別を経験しなかったらいい」とし、日本が性少数者に対する同等の権利を認めれば大きな得になると信じることになったと付け加えた。

岸田は同性結婚を許すことが日本の家族価値と社会を変え、慎重な検討が必要だと主張した。 聖少数者差別禁止法に反対する初歩手陣営を導いているだけに、党内の立場を明確に明らかにせず、牛乳不断な姿だ。

LGBTQの活動家や支持者たちは、2月の岸田元補佐官がLGBTQの隣に住みたくなく、同性なら日本を離れると言った差別発言以後、差別禁止法を達成するための努力を強化しました。 結婚が許可されました。

この発言に対する国民的怒りに続き、岸田の執権自民党と無所属議員らはLGBTQ権利に対する認識を促進するための法案を準備し始めたが、一部保守主義者は抵抗を見せて進展は不確実である。

READ  日本経済、成長数値修正で景気後退をかろうじて避ける経済
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours