トップニュース

Lisa」s In and Around Tokyo:Yoshida」s House in Oiso–日本初のビーチリゾートを探索:朝日新聞

「Oiso」を聞いたときに最初に思い浮かぶのはLong Beachです。 数十年前に私は砂、波、海を期待して、 “ビーチ”を訪問しました。 代わりに私が見つけたのは、大きなホテルの隣にあるメガウォーターパークでした。

期待したことがなかったが、髪に粘着性の砂が問わず、体が人間の紙やすりがされて楽しい時間を過ごした記憶があります。 ああ、それは私が「背が高くて黄褐色であり、若くて可愛いです、…から来た少女」というのを助けた。 語、Ipanema? 告白します。 先ほどIpanemaの正確な位置を検出しました。

大磯のビーチは家に書き込むことができません。 洗練されたコテージ、歩道や素晴らしいパーティーの人がいる輝く砂浜は確かにありません。 イパネママルコありません。

大磯ビーチは小石が混ざった暗い砂で構成されており、くすみ灰色であり、にぎやかなセイショーバイパスとビーチの間にあります。 日本初のビーチリゾートとしてそれ以上になることがあります。

大磯は「明治時代の政治家の秘密避難所」または明治セイカイの奥座敷と呼ばれます。 時代を越えて人々と動揺者は、ここに別荘を持っていました。 大隈重信(1838-1922)、山縣有朋(1838-1922)、西園寺公望(1849-1940)は、おそらく最も有名な元首相の吉田茂(1878-1967)があります。

吉田の邸宅は、一般に公開されており、大磯兆山公園の一部です。 彼の継父は、1880年代に土地を買い入れて、夏の家建てました。 第二次世界大戦後の政治家、文人、学者、誰でも吉田に会うために「大磯巡礼」または大磯マイリーを行います。

住宅は、2009年に火災で焼失したが復元されました。 構造は和風数寄屋スタイルだが、アールデコの要素があります。 部屋には、銀の天井、障子に覆われた窓、ペルシャ式カーペットがあります。 浴槽は木製のボートです。

私は外部ではなく、浴槽の水について考えながら、自分自身に微笑んだ。 吉田はユーモアのセンスで知られ、ここにメッセージがあると確信しています。

2階から右を見ると、壮大な富士山のパノラマビューを見ることができます。 頭を左に回すと広大な太平洋です。 訪れる人々は明らかに自分の立場からは想像されます。

日本庭園には、吉田像があります。 この数値は、1952年にサンフランシスコ条約に署名した米国に向かっており、正式に日本の米国主導の職業を終えました。

反射のダウンタイムの場合Oisoです。

(新型コロナウイルス感染症が原因で、一時的に閉鎖された。3月9日に再開章する予定です。詳細については、施設の日本語のウェブサイトを参照してください。 http://www.town.oiso.kanagawa.jp/oisomuseum/kyuyoshidatei/index.html

* * *

ワシントン生まれの東京に住んでいる写真家であるLisa Vogtこの記事は、元のAsahi Weekly 1月24日号に掲載されました。 明治大学教授の作家の視線を​​通じて首都とその周辺を描いた「Lisa」s In and Around Tokyo」シリーズの一部である。

READ  すべての2カプセルに砂粒小惑星か - 朝鮮日報

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close