トップニュース

Lisa’s Wanderings around Japan / Gokayama:藁葺き屋根は祈りの気持ちでオロナン手のジェスチャーを反映します。

多くの日本人は、深く考えずに、顔と胸の前で手のひらと指を集めて祈りのジェスチャーである「合掌」をします。

最初は、このジェスチャーはお寺や神社のだろうと思ったが、すぐに日本人が一日中合掌をするということを知りました。 食事の前に「利他瀧マス」と言って食事の後は、「繭牛様」と呼ばれます。 故人の前や墓の前で、誰かに感謝を表するとき、リンゴとき、誰かにあなたのために何をしてもらう時。 合掌はどこでもあります。

私が日本に特に好きなのは何百万人のうち、多くの人々がそれについて過度に意識することなく、様々な新人目に見えない力との調和生きることです。 ヒットした日本のアニメや映画は、ほとんど「この次元に生きる人間」と「二次元」という要素を持っている。

日本方式の美しさは、すべてのことを当たり前に思わないと見えない影響によって、私たちが生きていることの認識があるということです。

富山県五箇山の美しい田舎に散らばっている「合掌造り」の構造に感心しながら、私の頭の中をかすめて行った考えはこうです。 急角度がた三角形のわらぶき屋根は祈りの手を似ていたので、合掌造りや「祈りにしたもの」です。

岐阜県で多くの有名な白川郷より田舎の魅力を提供する五箇山は、多くの観光客を見なくても平和散歩することができます。 そんな家の群れが元の場所に保存された場所がほとんどありません。

ここの家は人が住んでおり、誰に戸惑うほどの黄色いプレートが付いた小型車と洗濯物を干し乾燥姿を見ることができます。 私はそのような真正性が博物館のような消毒された観光スポットでよく逃す魅力的なタッチを追加すると考えています。

全国の多くの場所と同様に、12世紀に平(平家)一族の敗北した戦士がここに定着したという伝説があります。 農業に適していない過酷し雪がたくさん降る環境でよくように、村の人々は、養蚕(切妻屋根を介して光をろ過におい)と「和紙」製紙で生計を梱包しました。

五箇山は似ているところとは異なり、幕府から密かに礎石を生産しました。 江戸時代(1603-1867)に、この地域を支配していた加賀藩の火薬を作成するために使用された化学物質です。

私はほとんどの建物の横に構造物の長さである大きな長方形のプールがあることを知っていました。 私は魚を見なかったプールのように見えませんでした。 私は植物に水を与える女性に尋ね、彼女は、屋根に積もった雪が滑って入っ言いました。

目に見えない姿を思い浮かべながら、心から合掌に節をしました。

* * *

ワシントン生まれであり、東京をベースに活動する写真家Lisa Vogtのこの記事は、元のAsahi Weekly 9月19日に掲載されました。 明治大学教授の作家の視点で、全国各地を描いシリーズ」リサの日本放浪」の一部です。

READ  巨人菅野「嬉しい」松井より8番目月間MVP - プロ野球:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close