スポーツ

LPGAが日本に戻り、新たな1位のアタヤが先頭を走る

発行日: 修正済み:

大津(日本)(AFP) – 今週、LPGAツアーが2019年以来初めて日本に戻ると、ホーム人気ゴルフ選手たちが新しい世界ゴルフ1位のAthaya Thitikulを阻止するために出るでしょう。

タイの10代のアタヤがエリートツアーで素晴らしいデビュー1年を過ごした後、女子ゴルフ史上2番目に若い世界1位になってから数日でLPGAジャパンクラシックでフィールドヘッドラインを飾りました。

19歳の20歳未満の選手は1位に上がる2人目の選手です。 ニュージーランドのリディア・コ(Lydia Ko)は、2015年の17歳で初めて1位を獲得しました。

アタヤは2022年のLPGAツアーで2回優勝し、今シーズンに12の異なるトップ10に入った。 彼女は韓国の高陣営で首脳を引き継ぐ。

世界9位のNasa Hataokaと元メジャーチャンピオンのHinako ShibunoとYuka Sasoを含む強力な日本代表団は、今週滋賀県西部のSetaゴルフコースでAthayaを防ぐことを目指します。

日本JLPGAと共同で承認されたこの大会は初めて72ホール以上行われ、78人の選手が200万ドルの賞金をめぐって競争します。

今回の大会はコロナ19余波で2020年と2021年JLPGA専用大会で行われた。

「笑うシンデレラ」として知られる渋野は、今週LPGA会員権を保有した日本選手4人のうちの1人です。

彼女はメジャーデビュー戦でブリティッシュオープンで優勝してわずか数ヶ月で2019年ジャパンクラシックに初めて姿を現しました。

23歳の彼は記者たちに「2019年にこのトーナメントをした時、アメリカから来たほとんどの会員たちは私をよく知らなかった。私はテレビで見た人々の一部だけ知っていた」と話した。

「しかし、私は今年のほとんどの選手を知っているので、彼らに「日本に来たことを歓迎します」と言うことができます」

今週は世界ランキング5位のオーストラリア移民誌、東京オリンピック銀メダリストモネイナミ、7月スコットランドオープンで優勝した日本のフルに綾香も出場する。

フルーは昨年JLPGA専用イベントとして日本クラシックで優勝しました。

しかし、すべての家庭の関心の中で、今週のスポットライトは、2週間前に韓国で行われたBMWレディースチャンピオンシップで6位を占めたAthayaにいるでしょう。

彼女は世界ランキング1位に上がった後、「ゲームの最大の名前の中で私の名前が1位になることができて光栄だ。

「私はまだコースの内外ですべてのレジェンドと現在の選手から学ぶことがたくさんあります。」

READ  モロッコのファン、ベルギーの大勝利後のスタジアムの清掃

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close